2011年12月04日

善光寺街道・会田宿

今日は、朝からいいお天気晴れになりました。

最近、営業担当地区が、長い間通っていた東信から
松本市近辺に移動になったとうちゃん。
町中のゴチャゴチャしたところの運転ばかりで、
ストレス爆弾が溜まっている模様・・・。

遠くに出掛けたい口実に、コタを引き合いに出しますが、
まだ長い時間のドライブや、ましてや山道には
かなりの不安があるかぁちゃん。。。

なので、今日も男2人で出掛けてもらいました。
その間、私は、コタがいるとなかなかできない雑巾がけ等~。


軽くお昼を食べて、1時過ぎに出掛けて行きました車(RV)
行き先は旧四賀村(現松本市)の善光寺街道・会田宿

1時40分ごろ、四賀支所を出発~。
はじめコタ「かぁちゃんは?」と探していたらしいですが、
さすがにこの状況にも慣れてきたのか、歩きだしたらご機嫌にるんるん

111204-k1.jpegno2 137.JPG
街道らしく常夜灯(1855年・安政2年寄進)があったり、
とても古い道祖神があったり。

長閑な風景の中を、少し坂を上りながら歩いて行くと、
庭先に繋がれていたワンコ犬にほえられたりして
先制攻撃に弱いコタは、その度にビビっていたとか、あせあせ(飛び散る汗)

111204-ki1.jpg
この廣田寺の先に、あずまやのある公園があったそうです。

111204-k3.jpeg
北アルプスも望める絶景ポイント黒ハート

111204-k2.jpeg
コタも良い笑顔で走っています。
(この写真では、小さくて分かりませんね~、すみません𕾻)
しばらく、この公園で遊んでいたらしいです。

それから、段々畑の中の小道を歩いて行くと、
111204-k4.jpeg
松尾芭蕉の句碑があったそうですよ。

なんて書いてあるのか?とうちゃんがさっき調べてくれました。
111204-ki2.jpg
≪ 身にしみて 大根からし 秋の風 ≫
1688年・貞享5年に芭蕉が、この会田宿で詠んだ句ですって。

111204-k5.jpeg
廣田寺近くに戻って来て、善光寺街道の町並みを見下ろすような
位置から撮った風景カメラ

最後になりましたが、これが現在の善光寺街道
111204-k6.jpeg
ナマコ壁の建物が、面影を残していますね~。

コタが車に戻ったのは、歩き始めからちょうど2時間後。
さすがのタフガイも、帰りの車ではグッスリ眠い(睡眠)だったそうです。
家に帰って来たのは、4時半頃でした。

今回は一緒に行かれなかったけど、暖かくなったら、
行ってみたいなぁ。続きを読む
posted by コタかぁちゃん at 21:57| Comment(2) | 街道をゆく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする