2013年12月08日

中山道~長野県内④

今日は、かぁちゃんの買い物に付き合ってくれるはずが、
「お天気が良いから、コタと街道ウォークに行って来る~るんるん
と、とうちゃんの裏切り者ーーーパンチ
当然コタも、シッポ振って付いてちゃいました・・・。
薄情者~~~パンチ


行った先は前回の続き。
小坂田公園の駐車場に車を停め、塩尻峠を目指します。

131208-k1.jpeg
小坂田公園出発は9:48。
ところがとても広い公園で、駐車場から前回の終点・公園の
入口まで、約1㎞もあったそうですあせあせ(飛び散る汗)

やっと中山道に出ましたよ(10:11)。
しばらくは柿沢集落の中を歩きます。
塩尻峠に向かって、道はゆるゆると上り坂が続きます。
131208-k2.jpeg
屋根に雀オドリの付いたお家や、高札場、双体道祖神などなど。
ノンビリ見て歩くのに、いい感じだったそうです。

集落を抜けると、視界も良好。131208-k3.jpeg
遠くの山は、霧氷で白く輝いていますよ。
・・・コタが進もうとしている道は、街道じゃないからね~!

長野自動車道・みどり湖PAの上を跨ぎ(10:33)、
途中で良い景色があったのでとうちゃんが写真を撮っていると、
コタが野っぱらで大暴走ダッシュ(走り出すさま)するなど、ハプニングもあり。。。
R20の下をくぐると、いよいよ峠道の景色に変わりました。
131208-k4.jpeg

アカマツ林の中に、【牛馬守護神】の石碑があったり(10:54)、
ちょっとだけR20の歩道を歩いたりと、徐々に上りがキツクなります。

【犬飼の清水】というのがガイドブックに出ていたのですが、
みつけられなかったそうです。
国道工事の時に埋められて、東に移築されてるらしいのですが。

長閑な道を歩いて行くと、小さな休憩所を発見!
131208-k11.jpeg
看板に「中仙道を旅する方へ。お疲れさまでした。
ご自由にお休みください」
って書いてありますよ~。
ありがたいね~ハートたち(複数ハート)
お言葉に甘えて、コタととうちゃんは行きも帰りも一休み。

さらに進むと、東山一里塚(11:44)。
131208-k5.jpeg
塚はあるけど、天辺の目印の木はありません。
落ち葉が積もっているので、コタは登ったり降りたりと、
ハッスルしまくっていたそうです。
お陰でばかだらけになっちゃったみたいですよ𕾵

さぁ、目指す塩尻峠まであと1㎞。
坂はますます急になります。

峠のすぐ手前に、皇女和宮さまが御降嫁の際、
休憩に立ち寄った塩尻峠茶屋本陣跡があります(12:03)。
131208-k6.jpeg
残念ながら非公開ですが、1796年の建築で、
門・玄関・上段の間・次の間は当時のまま保存されて
いるそうですよ。

そして、今日の目的地・塩尻峠塩嶺御野立公園に到着(12:12)。
131208-k7.jpeg
この公園は、『日本一短いお祭り』で知られています。
詳しくはこちら~☆

さて、展望台からとうちゃんのお目当て、富士山は見えるかな?
131208-k8.jpeg
・・・わかる?

131208-k9.jpeg
・・・どう?

131208-k10.jpeg
・・・これならわかるわ~!

と、こんな写真を何枚もとうちゃんが撮っていたら、
コタ「お弁当は?」と催促だったとか。。。𕾹
私は、今週も街道ウォークに行くって思っていなかったから、
何にも準備していなかったのよ~。

そんなワケで20分ほどの休憩で、帰路に着きます(12:33)。

帰りには、柿沢集落の中ほどをちょっと入って行ったところにある
131208-k12.jpeg首塚・胴塚へ(13:42)。
1548年の塩尻峠の合戦で、武田晴信と小笠原長時の軍が
壮絶な戦いをし、小笠原軍の大敗で終わったそうです。
討ち死には千人余りといわれ、心を痛めた柿沢集落の住民が、
丁寧に弔い葬ったのが、この首塚・胴塚
現在も、地元住民が毎年僧侶を招いて、供養しているそうですよ。

ラスト、小坂田公園の駐車場まで頑張りました(14:11)。
歩いた距離13.64㎞(Walk meter)、歩いた時間約4時間。
131208-k13.jpeg
さすがのコタも、すっかりお疲れのようです。
帰りは爆睡眠い(睡眠)だったそうですよ。続きを読む
posted by コタかぁちゃん at 23:04| Comment(2) | 街道をゆく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。