2014年08月02日

千国街道~塩の道偵察

さて、途端にアクティブモードになったとうちゃん。。。
今はコタと、県内の中山道を北上中なのですが、
その次の街道をあれこれ思案中。

今日は白馬まで来ていることから、松本から糸魚川までの
千国街道・別名塩の道の偵察に、小谷村の牛方宿(うしかたやど)
へ行ってみることになりました。

140802-k17.jpeg
千国街道は大名行列とは無縁の、いわゆる産業道路。
昔、山国の松本藩には貴重品だった塩を運ぶ重要な道でした。

重い塩を運ぶのは、牛方さんひとりに牛が5~6頭。
この辺りには数軒の牛方宿があったそうですが、
現在残っているのは、19世紀初期に建てられたこの1軒だけ。
県宝に指定されています。140802-k13.jpeg
当然コタは入れないので、かぁちゃんと入口で待ちます。

入口の大扉を開けてもらったら、部屋の中から涼しい風が通り抜け、
外にいてもちっとも暑くないんです。不思議~。
140802-k15.jpeg
写真右手に、リーダーの牛が止まるスペースがあります。
その他の牛は、建物の向かいにあった牛小屋で雑魚寝?だそうです。

受付・案内のおばさんが、とうちゃんに説明を終えると、
外の私にもいろんな話を聞かせてくださいました。
以前ポメラニアンを飼っていたそうで、ワンコ談義も~るんるん

牛方宿の中は、旅人が止まる部屋と、ここの家族が住む部屋とに
別れていて、囲炉裏の間は共有スペース。
140802-k14.jpeg
機織り機や昔の生活道具、牛方さんの使った道具などが展示され
ていて、なかなか興味深かったそうですよ。

牛方宿を出て、周りを散策。
日本の原風景𕾾ですね~。
雑草すらも、きちんとしたバランスで植えられているかのようです。
140802-k16.jpeg
大きな茅葺屋根は貴重ですね。

隣に土蔵(現ギャラリー)、塩蔵、水車などがあり、
昔の姿をそのまま残す千国街道を渡ると、
140802-k18.jpeg
140802-k19.jpeg★ 沓掛茶屋が営業中。

お店の方に許可をいただいて、お庭のテーブルで一休み。
140802-k20.jpeg
とうちゃんは冷ぜんざい、私はアイスコーヒー。
コタもお水とオヤツで休憩です。

茶屋の中は、土間のテーブルあり、お座敷と囲炉裏の席あり、
縁側でも休めるようになっていましたよ。
セミの声と鳥の声しかしない、のんびりした時間は
本当に心地良いです。

140802-k21.jpeg
お会計の時、「何犬なの?」と聞かれました。
「大きなチワワです」と答えると、「カワイイねぇ」って
言ってもらいましたよ~ハートたち(複数ハート)
コタもお礼を言って、次の目的地へ。

とうちゃんは、小谷村内の3つの資料館共通券を買ったので、
ちょっと先の千国の庄資料館・千国番所へ。
140802-k22.jpeg
ここもコタは入れませんから、入口脇のベンチで待ちます。

140802-k23.jpeg★番所の中にはろう人形が~。
ここは松本藩の出先機関で、関所のような役目もしていたとか。

番所の裏手には、千国集落にあった大きな屋敷を移築してあり、
こちらにも当時の生活道具や、暮らしぶりの分かる展示がありました。
140802-k24.jpeg
大きな吹き抜けの建物は、夏涼しく、冬は豪雪にも耐えられる
造りなのだそうです。


最後に小谷村郷土館へ。
コタがすっかりお眠の時間だったので、車で待つことにしました。
短時間なので、エアコン着けていました。

ここはジュラ紀の恐竜の足跡や、旧石器時代の石器などの
古代史ロマンから、小谷村での明治~昭和の生活の様子まで、
幅広い展示になっていたそうですよ。


こうして、とうちゃんの塩の道偵察は終わったのですが、
またも暴走~~~ダッシュ(走り出すさま)
暑いというのに、糸魚川へ向かいます。。。
コタは爆睡していました。

どんどん標高は下がり、気温と湿度は上がります。
道の駅・能生には4時頃到着。
もうお魚は売り切れかと思っていたのに、カニ市場には
カニを食べる人がまだいっぱいいましたよ。

それにしても暑い~晴れ
鮪の柵と、キングサーモンの切り身を買いました𕾴
(クーラーボックスを持って来ていてよかったー)

コタがウンチをしたそうだったので、芝生の広場に行ってみました。
140802-k25.jpeg
ハァハァしていますが、左前足もあまり気にすることなく、
歩きまわって、隅っこで無事にウンチが出ました。

140802-k26.jpeg★太陽の門という作品
もうすぐ日が沈みますが、あまりの暑さと湿度に耐えきれず、
サンセットは見ずに、(ようやく)帰宅の途へ車(RV)

―――大体、こんな予定じゃなかったので、コタの夜ごはんを
持って来ていないんですよ。
高速道路を使って、帰って来ました。

高田市辺りから姨捨辺りまでは、雨が降っていました。
気温も23℃くらいになりましたよ。

家の辺りは降らなかったみたいですが、海辺とは風が違う~。
ホッとして、遅い夜ごはんを食べたのでした。
posted by コタかぁちゃん at 23:59| Comment(0) | 街道をゆく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7分咲きの白馬岩岳ゆり園

今日も雷雨雨雷があるのかな???
そんな心配をしながら、早朝散歩と朝ごはんを済ませて、
毎年楽しみにしている、白馬岩岳ゆり園へ行って来ました。

去年は、大雨の影響で痛んでしまった花しか見られなかったので、
今年はちょっと早めだけど、7分咲きとの情報を得てLet's go~車(RV)

休憩を取りつつ、9時半頃岩岳に到着。
コタのテンションもグッド(上向き矢印)

ゴンドラ乗り場へ行くと、白馬村のゆるキャラ・・・名前が長い
ヴィクトワール・シュバルブラン・村男三世が、
観光客との写真撮影カメラに応じていましたよ~。

さそくコタ家もお願いして、一緒に撮ってもらいました~るんるん
140802-1.jpg

入園+ゴンドラのチケット(大人1800円×2、ワンコ600円)を
買って、乗り場に行くと、前のゴンドラに村男三世がお乗りに~。

140802-k1.jpegコタは今年も余裕です手(チョキ)

ゴンドラを下りると、元気に走りだしたコタ
心配の左前足ですが、草の上は絶好調~。
140802-k2.jpeg
140802-k2.5.jpeg

7分咲きと言うコトで、少々さびしい感じもしますが、
茶色く枯れてしまっているより、全然良いです!!
140802-k4.jpeg
白馬三山は今年も雲の中でしたが、大雪渓はクッキリ。
村男三世も、あちこちで観光客と記念撮影に応じていますよ。
・・・暑いだろうなぁ・・・𕾵

140802-k3.jpeg
砂利道は、やっぱり足が痛そうで、抱っこしましたが、
草の道に入ると、「下ろせ―!!」とモガク・・・。
歩く気があるので良いのですが、ちょっと心配にもなります。

グラデーションのゆり園を1周し、レストラン前の広場で休憩。
140802-k5.jpeg

陽射しは強いけど、風が気持ちイイ~わーい(嬉しい顔)
サンドイッチと飲み物と、はくば豚の串焼きをいただきます。
140802-k6.jpeg
コタもパンをちょこっともらいました。

さてさて、ここでかぁちゃんには、ちょっとした楽しみがかわいい
白馬岩岳のHPにあるライブカメラに、このベンチが写るんですexclamation
15分間隔で更新されるため、しばらく待っていれば写るハズ。
(この方法を、小豆さんから教えてもらいました)

そしたら~~~
140802-i1.jpg
この右下の緑のパラソルにいるのが、私たちexclamation×2

ホイ!!拡大 140802-i2.jpg
奇跡的に、コタがカメラの方を向いているのがなんとなくわかります?

とうちゃんには「それがナンなんだよ」って笑われましたが、
何だか興奮揺れるハートする出来事でした。

それから、今度はレストラン裏のゆり園へ。
この頃になると、山には黒い雲が湧いてきました。
陽射しは和らいだので歩き易いですが、お天気持つかな?
140802-k8.jpeg
こちらも蕾が多めですが、きれいな花が見られました。
甘い香りが漂いますかわいい

コタも良く歩きます。140802-k7.jpeg

広場の方へ戻って来たら、とうちゃんが「ポツッて当たったたらーっ(汗)と。
最後にゴンドラ乗り場前から、ゆり園の写真を撮って、
140802-k9.jpeg
ゴンドラに乗り、下界へ。。。140802-k10.jpeg

雨は降らなかったけど、下はムワッと暑い~。
コタはそろそろお昼寝タイムです。


ちょうどお昼になったので、近くのキッチンシェフでランチ。
140802-k11.jpeg
人の出入りに吠えてしまいましたが、食事中にやっとお昼寝眠い(睡眠)
テラス席は、風が気持ち良かったですよ。


このあと、とうちゃんの暴走でとんでもない寄り道三昧。
続きます~♪
posted by コタかぁちゃん at 23:50| Comment(2) | 花暦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする