2014年11月09日

晩秋の男二人旅②

♪~続きです
男二人旅、今回のメイン、鬼ノ城へ鬼退治に~exclamation&question


11月2日(日)

141102-k21.jpeg
鬼ノ城は、7世紀頃の遺構とされています。
いままでとうちゃんとコタが行った山城とは、まったく時期が違う
ナゾの多い古代山城。
桃太郎の鬼ヶ島伝説の地とも言われています。

鬼城山(標高400m)の8~9合目辺りに鉢巻状に
城壁を巡らせ(全長2.8㎞)、一部高石垣を配しているけれど、
基本は高さ約6mの版築土塁で、城壁を形成しています。
(𕾵私には何のこったか・・・?)

12:12、いよいよモモコタローが鬼退治に出発手(グー)
141102-k8.jpeg
ぴかぴか(新しい)金銀財宝ぴかぴか(新しい)、持って帰って来てよ~𕾹

まず現れるのは、復元された西門。
141102-k9.jpeg
屋根には敵からの矢を防ぐために、盾が置かれていたそうで、
形と模様は同時代の他の遺跡の物を参考にしたそうです。

ここから城壁に沿って、1周することができます。
コタは張り切って歩き出しましたよ~𕾘
141102-k10.jpeg★人も犬もいっぱい来てるよ!

400mほど歩くと、北門(門は東西南北に4ヶ所)。
141102-k11.jpeg
こちらは発掘で出て来た柱跡に、柱のみ建てられていました。
中央の溝は排水溝だそうです。

西門辺りはたくさんの人がいたようですが、さすがに1周する人は
少ないらしく、コタはわりと自由に歩きまわっていたみたいですよ。
141102-k12.jpeg
鬼ごっこなんかしたりして~𕾷
楽しくて楽しくてるんるん・・・それは良いけど・・・。

城壁は断崖絶壁のところも多く、141102-k14.jpeg
普段から道の端っこを歩くクセのあるコタは要注意ひらめきです。

ちょうど半周した辺りにあるのは、屏風折れの石垣。
141102-k13.jpeg
さっきの景色を眺めている写真は、この先端あたり。
とうちゃんもリードを引っ張って注意します。

さらに進んでから振り返ると、こんな状況の場所!!がく〜(落胆した顔)
141102-k15.jpeg
高所恐怖症の私は、写真だけで足の裏がムズムズしますが、
コタは怖くなかったのでしょうか?

1周する間に、何度も高いところから下を眺めていたそうですよ。
マジで、気を付けてよね~𕾨

141102-k16.jpeg
東門跡。鬼ノ城で一番小さな門。
吉備の国が一望できますね~。
コタが渡って来た瀬戸内海も見えますよ~。
もっとお天気が良かったら、四国も見えるのかなぁ!?

登り下りをくり返し、141102-k17.jpeg
コタはゴキゲンるんるんなまま、西門に戻って来ました。

141102-k18.jpeg
気の遠くなるほどの時間と労力をかけて作られた版築土塁。
美しいですね~。

141102-k19.jpeg
鬼はいなくってもいいけど、ぴかぴか(新しい)金銀財宝ぴかぴか(新しい)は~???
周りだけじゃなくて、もっと中の方も探してきてよ~!!!

141102-k20.jpeg
復原された西門ですが、実際どんな形でどんな色だったのでしょうか。
古代のロマンに、ちょっとワクワク揺れるハートしますね。

最後に展望台で、男二人旅の記念撮影カメラ
141102-k22.jpeg
コタもカメラ目線で、満足気な良いお顔~かわいい

ゆっくり遺跡や眺めを楽しみながらの城壁巡りは、約2時間半。
お疲れ、お疲れ。



その後、一応もう一つの目的地・備中松山城にも行ったそうですが、
夕方になり閉館時間を過ぎ、さらに土砂降りに。。。

残念ながら、帰路に着いた二人でした。



続く~♪
posted by コタかぁちゃん at 16:38| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする