2015年02月08日

苗木城

今日は、朝夕とうちゃんとイル君ちコースへ。
残念ながら、会えなかったそうです𕾶
とうちゃんも、「キュンキュンじゃなくてワンて鳴けばいいのに」
って言いながら帰って来ました。


さて、昨日の苗木城
巨岩と、組み合わされた石積みでできた山城でした。

150207-k15.jpeg
資料館の方に教えていただき、三の丸の近くの駐車場から
歩き出しました。

いきなり、松本城の石垣の中でも一番大きな玄番石よりも大きな岩が
あり、ビックリしながら進んだのですが、これは序の口でした。

150207-k16.jpeg
まずは左手に北門跡。
コタの後ろに見えているのは、大矢倉跡です。

150207-k17.jpeg
とうちゃんは写真を取りながらなのですが、
コタは城跡にすっかり慣れていることもあり、サッサと進みまするんるん

この大矢倉に登ったら、先に来ていたご夫婦に「チワワちゃん?」
声を掛けられ、なでていただきました。ハートたち(複数ハート)
「大きいのに良く分かりましたね」と言ったら、
ママさん「うちにも3㎏ちょっとのチワワがいるのよ~。
今、トリミングに預けて来たの。太郎って言うのよ」

と教えてくださいました。
パパさん「うちのが太郎で、大きいこの子はコタローかぁ」
って言ったので、みんなで大笑いです𕾷わーい(嬉しい顔)𕾹

上から見ると、まるでマチュピチュのような雰囲気の大矢倉跡
150207-k23.jpeg


150207-k18.jpeg★いよいよ天守に向かって!

150207-k19.jpeg
大門跡を抜けると、すぐにさっきの岩よりもさらに大きな岩が、
石垣に組み込まれていました。
これにも驚いていちゃいけなかった~あせあせ(飛び散る汗)

とうちゃんは、各所にある説明板を読みながら、写真を撮りながら
なので、本当にゆっくりなのですが、コタはガンガン階段や坂道を
登って行っては、石垣の崖っぷちまで行って、とうちゃんの姿を
確認するんですよ・・・。怖いから止めてくれ~𕾼
150207-k20.jpeg
コタがいる場所は、大門跡の上の菱櫓門の石垣です。

とうちゃんがそこに来る前に、さらに上の天守直下の石垣へ。
150207-k21.jpeg
高所恐怖症のかぁちゃんは、勘弁してもらいたい状況ですたらーっ(汗)

150207-k22.jpeg
この山城の最大の特徴は、大きな巨岩の上に天守を建てていること。
自然の巨岩に柱を建てるための穴を開け、三層の天守の建物を
建てたのだそうです。

現在はその柱跡に実際柱を建て、天守の3階にあたるスペースは
展望台のようになっています。
150207-k25.jpeg

150207-k26.jpeg
本当に360℃の絶景~ぴかぴか(新しい)

150207-k24.jpeg
西の山に、日が沈みそう~。

天守を来た道とは反対に下りて行くと、とんでもない巨岩がexclamation×2
150207-k27.jpeg
馬洗岩と言って、敵に水を断たれた時に、この岩の上に馬を乗せ
米を使って馬を洗っているように見せかけ、敵を欺いた・・・と
言い伝えられているのだそうですよ。

・・・でも、この大きな岩に馬を乗せることの方が難しそうな???

ってか、これが地震とかで転がり落ちないかの方が心配です。

150207-k28.jpeg
巨岩を上手く利用して作られた苗木城
戦国時代はいろいろあったそうですが、明治まで移封することなく
続いたのだそうです。

今回は時間が無くて、資料館の方は見られませんでしたが、
次回はそちらもしっかり見学したいとうちゃん。
また来ようと決めたみたいでした。
posted by コタかぁちゃん at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする