2015年07月28日

急性胃腸炎

今日は朝の3時頃から、雨が降り出しました(↓21.9 ↑32.1)。

これで早朝散歩はしなくていいぞ!!と、私は喜んだのですが、
雨が上がった8時頃から、コタの様子が変わりました・・・。

朝ごはんもしっかり完食し、とうちゃんの朝ごはんも狙っていた
コタだったのですが、とうちゃんが出勤し、ひと眠りの時間かと
思っていたら、最初はトイレシートでいいウンチが2度出て、
ご褒美もしっかりおねだりしていたのに、その後柔らかいウンチに。
そしてゲーゲーバッド(下向き矢印)が始まりました。
150728-1.jpg
間の時間はグッタリしています。

「食べ過ぎ?」と思って、家事をしながら様子を見ていましたが、
5~6度目のピーピーは、血便になってしまい、
慌てて掛かり付けの動物病院へダッシュ(走り出すさま)

午前中の診察受付ギリギリで、滑り込みセーフ。
150728-i1.jpg
やはり具合が悪いのか、ブルブルも控えめ・・・。

5年前のクロストリジウムによる腸炎の事もあり、
気を付けて散歩していたつもりですが、どうなのかしら𕾮

院長先生がすぐに診てくださいましたが、
コタ君は今まで健康優良児で、年2回の血液検査と簡単な
 健康診断しかしていなかったから、この際ちゃんと検査して
 おこうね~𕾹」
と、ありがたくもちょっとフトコロが心配にたらーっ(汗)

そのままお預けして、夕方の5時頃に電話をして様子を聞く事に。


長い長い5時間。
邪魔するモノがいないんだから、はかどりそうな仕事も停滞。。。

5時になったらすぐに、病院に電話しました。
先生は他の子の治療中とのことでしたが、「30分後にお迎えに
来てください」
と言われ、早いけど工房𕾩を閉めて準備してたら、
イル君がお散歩に来ていました。

イル君ママに事情を話し、イル君の匂いをたっぷり付けさせて
もらい、お迎えにLet's Go~𕾴

院長先生の説明を聞いている間、ケージに入っていたコタ
「キュウン、キュウン」と鳴いては金網をガシャガシャ𕾔𕾔
元気そうじゃないの???𕾸

いろいろ検査してくださったそうですが、血液や検便の結果は
特に大きな病気を疑う物ではなく、レントゲンで撮った腸に、
ガスが溜まっていることなどから、気候変化やストレスなどで、
腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、激しい下痢をしたために
荒れた腸壁から出血したとのコト。
いわゆる急性胃腸炎という診断でした。

コタ君は基礎体力があるから、すぐに良くなるよ」
院長先生の太鼓判もいただき、ちょっと気が楽になりましたかわいい

すでに腸の動きを抑える𕾢を打ってあるので、今夜は絶食。
明日の朝はパウダーを熔かした流動食から始め、缶詰ごはんを
少しずつ食べさせるようにとの指示が出ました。
150728-2.jpg
ドライ好きのコタのために、「最初はふやかして」とドライも
用意してくださいましたよハートたち(複数ハート)


病院の帰りは、ちょっとだけ遠回りしてイル君ち経由で。
弱ったコタには、イル君が一番のお薬黒ハートですから~。
(お野菜もありがとうございましたるんるん


家に帰ったら、グッスリお眠~眠い(睡眠)
150728-3.jpg

「お薬を飲ませてください」と言われた時間を過ぎたのに、
起きる気配も無し・・・。

う~ん、困ったぞ!
でも、寝るのも薬だしねぇ。
早く起きて、薬飲んでくれないかなぁ。。。
posted by コタかぁちゃん at 20:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする