2016年01月11日

北熊井城

三連休の最終日。。。
もっとのんびりも、あれもこれも出来ると思っていましたが、
あっという間ですね~。

昨日からちょっと体調不良のかぁちゃん・・・たらーっ(汗)
出来れば近場のお買い物くらいで勘弁して欲しいのですが、
とうちゃんはコタと出掛けたくてウズウズ揺れるハート

買い物しつつ、体調を見ながら、近場のお出掛けになりました。
(かなり強引に・・・もうやだ〜(悲しい顔)

まずはクリーニング屋さんに寄ってから、弘法山古墳へ。
160111-k1.jpeg
私は車の中で待ってます𕾲

なかなか帰って来ないと思ったら、コタは嬉しさのあまり、
駐車場とは反対の斜面に出てから、天辺へ登って行ったそうですよ。
その方が急斜面なんだよね~。160111-k2.jpeg
満足そうなお顔で戻って来ました。

それからコンビニコンビニでお弁当を買い、家に帰って食べるのかと
思いきや、せっかくだから重要文化財・馬場家住宅の駐車場に
行こうと言い出すとうちゃん。。。

見学はしないよと約束し、移動です車(RV)
お弁当を食べ、コタととうちゃんは、馬場家の周りをお散歩。
160111-k4.jpeg
コタは職員さんに声をかけられました。
去年、20歳のワンコを亡くしたんだそうですよ。
コタも目指せ二十歳exclamation×2なので、あやかりたいものです。

近くには馬場家が祀る祝社があり、立派なケヤキが。
160111-k3.jpeg

確かにこのお屋敷、前々から興味はあったので、
今日のところはゆっくり落ち着いて見学できそうもないけれど、
また改めて連れて来てもらいたいですねぇ。
季節ごとの催事の時には、地元の風習なども見られるそうだし。


これで帰れるかと思いきや・・・とうちゃんはさらに近くの
(家からは遠くなるんですよ~~~ッ𕾶)
北熊井城に行くと言い出しました。

。。。これが目的だったのか。。。むかっ(怒り)


常光寺の駐車場に車を停めさせてもらい、コタととうちゃんは
ウキウキハートたち(複数ハート)北熊井城に歩いて行きましたよ。
もちろん私は車の中でお留守番眠い(睡眠)です。
・・・なんとなく、コタの気持ちがわかったわ。


160111-k5.jpeg
北熊井城は、林城を治めていた小笠原氏が、諏訪氏などに対して、
南部の防衛拠点として作った平山城だそうです。
小さいけれど、深く大きな堀に囲まれ、石垣の無い城。

戦国時代には武田氏と戦い、自落。
その後35年くらいの間、武田氏に支配されていたのだそうです。

何度か偵察には来ていたとうちゃん。
まずは大手門から攻め入ります。
160111-k6.jpeg
まだ文化財などの指定を受けていないので、
地元の有志による整備のため、案内板や縄張り図のコピーも
手作り感満載ひらめき北熊井城

160111-k7.jpeg
真ん中の大きな堀から、虎口を抜けるとすぐに本城。
『熊野井城』と書かれた幟が、掲げられています。
何となく戦国チック!?

40年ほど前、本城跡に地元の方々が𕾦ソメイヨシノ30本を植樹したそう
なんですが、今残っているのは1本きり。
どんな花が咲くのかな? 160111-k8.jpeg
満開の頃にまた、来てみたいねかわいい

本城の東側には、大きな3本のお堀があり、
160111-k9.jpeg
その向こうに東一の曲輪(くるわ)、東二の曲輪と続きます。
160111-k11.jpeg
どちらの曲輪も、今は畑になっているそうな~。

今度は東門、160111-k12.jpeg
大手門を通り過ぎ、本城の西側へ。

西門からお堀伝いに、中の城へ上がります。
160111-k13.jpeg

もう一段西側には下の城、さらに一段下に西一の曲輪(馬場跡)と
続いています。

城郭の外の、今は畑になっているところに、五輪塔があります。
160111-k14.jpeg
この辺りを発掘したら、もっといろんな遺構が残っているのかも
しれませんね。
とうちゃんは、武田氏が一時的にでも治めていた城だから、
丸馬出しが残っているんじゃないか、、、と期待しているみたい。

とりあえず走り回って楽しかったコタは、笑顔で帰ってきました。
160111-k15.jpeg

約1時間20分、待っている身は少々しんどかったですが、
コタが楽しければ良しとするか・・・。

下調べはしていたものの、かなり見どころがあり、もっと時間をかけて
見たいところがある北熊井城だったというとうちゃん。

次回は馬場家住宅北熊井城、私も一緒に回れるといいなぁ。
posted by コタかぁちゃん at 23:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする