2016年02月06日

森将軍塚古墳

今朝は冷え込みましたが、晴れました(↓-5.2 ↑6.0)。

真冬は街道ウォークも山城も、シーズンオフなんだそうで、
体の鈍ったとうちゃんは、ハードに歩きたいくつご様子。

あっちだのこっちだのと悩んで、千曲市の森将軍塚古墳
行くことになりました。
今年は年初めから古墳に行って、興味が湧いているのかも!?

下道で道の駅に寄り道しながら、お昼頃に到着。
心配していた通り・・・まだ雪がかなり残っていますたらーっ(汗)

風もあまりなくそこそこ暖かいので、コタにはレインコートを着せて、
駐車場からは坂道を約1㎞の森将軍塚古墳を目指します。

160206-k1.jpeg
まずは麓の『科野のムラ』を見学。
竪穴式住居の住宅展示場です。平出遺跡にもありましたね。
昔、『しなの』は信濃ではなく『科野』と書いたそうですよ。

コタは怖がって入りませんが、中はけっこう広いです。
キチンと竈に火を入れて、かやぶき屋根を燻してありました。
管理も大変ですね~。

さていよいよ、山頂に向かいますよ。
冬でなければ資料館からバスバスが出ています。

雪道が大好きなコタは、始めからハイテンショングッド(上向き矢印)
160206-k2.jpeg160206-k3.jpeg
踏み固められた所は、ツルツルに凍っているので怖いんですよ!
スパイク付き四駆のコタは、ガンガン登って行きますが、
伸縮リードでも追い付けないスピードダッシュ(走り出すさま)

『近道(急坂)』って道を選択しているのもいけないんですが、
緩やかな車道は、それこそツルッツルで怖くて。。。
160206-k4.jpeg
とうちゃんが「待ってくれ~」と言うと、笑顔で振り返る・・・。
かぁちゃんなんて、ずーーーっと遅れて登ります𕾽

ゼェゼェしながら、やっと古墳の真下に着きました。
160206-k5.jpeg
前方後円墳で、信州では最大規模の古墳です。
復原された埴輪が、たくさん並べられていますね。

160206-k6.jpeg
コタは、とうちゃんが写真を撮っている少しの間も待てず、
どんどん古墳に登って行っちゃいます。

160206-k7.jpeg
一段低い方墳から、円墳に登ります。
どんな眺めが待っているのかな?

160206-k8.jpeg
『科野のクニ』の案内板を見ながら、コタも遠くを眺めます。

160206-k9.jpeg
ここから見える範囲だけでも、かなりの数の古墳や遺跡が
あるみたいです。
実際、この森将軍塚古墳の周りにも、十数個の古墳がありました。

一度墳墓から下りて、方墳側にある展望台に行ってみました。
160206-k10.jpeg
ここから眺めると、その大きさや形が良く分かります。
コタはあまり人の足跡が無いので、雪の上を歩きたくて
あっちこっちウロウロ。
ゆっくり説明板も読めませんよ~。

それから墳墓の周りの歩道を1周しました。
160206-k11.jpeg
円墳側野斜面に、小さな古墳が幾つも並んでいます。
雪に覆われていますが、このこんもりしたところも古墳です。

とうちゃんだけ、もう一度展望台へ。
160206-k12.jpeg

帰り道は、雪が融け始めてビチャビチャなところは歩きたがらない
コタを抱っこして回避しながら、車道の方から下りました。

160206-k13.jpeg★何があるの~?
コタはところどころで、雪をほりほりしては顔を突っ込んでいます。
雪の上に野生生物の足跡がたくさん有ったから、
ケモノの匂いなのかもしれません。

転ばないように慎重に歩いて、科野のムラ~駐車場に戻りました。

駐車場の入り口で、お友達に会いましたよ黒ハート
160206-k14.jpeg
ポチ君(チワワ・1歳)です。
コタは積極的に行きますが(男の子だからね~ハートたち(複数ハート))、
ポチ君は嫌がっていますよ。。。

飼い主さんには、「同じチワワとは思えないけど、カワイイねわーい(嬉しい顔)
と言っていただきました。
ありがとうございます。


それからコタには車でお昼寝してもらっていて、
私たちは資料館に行って来ました。
本物の竪穴式石室を型取りして作った実物大の精密模型は、
想像以上に圧巻でしたよ。


雪道を登って下りてのコタは、車の中では爆睡でした。
とうちゃんのトレーニングには、少々ハードだったようですが、
運動不足解消できたかな?

お疲れさまでした。
posted by コタかぁちゃん at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする