2016年06月04日

互いに向上!

今日は土曜日ですが、10時からM家さん御一行が来房しての
とんぼ玉教室です。

M家さん御一行が到着前に、さくらママさんがパーツを買いに
来てくれましたよ。
毎度ありがとうございま~すわーい(嬉しい顔)

とうちゃんはお休みだったのと、抜け毛が激しい季節なので、
アレルギーのじゅりさんに悪影響があってはいけないと思い、
コタは2階で待機していてもらいました。


さて、暑くなりそうですが、頑張りましょう手(グー)

じゅりさんは前回に引き続き、コテを使う練習を中心に、
模様は自由に制作してもらいました。
160604-1.jpg

M家さんT木さんは、横じま模様をドローイング。
その材料の細引き作りで、早くもコツを掴んだM家さんと、
引っ張りたい気持ちと体の動きが相反するT木さん。。。

先に制作の終わったM家さんが、T木さんの補助を
してくれましたよ𕾳
160604-2.jpg
こんな共同作業、仲良しコンビでは良く起こること𕾮みたいです。

お互いに良いところは吸収し、教えあったり助け合ったりして、
どんどん向上グッド(上向き矢印)していただきたいものです。

その横で黙々と制作するじゅりさんも、かなりコテの使い方が
分かってきたようで、着々と前進しています𕾴


みなさんの今日の作品~

じゅりさんの作品 160604-4.jpg
お母様のM家さんが、『お顔』の形に並べてくれました𕾷
コテを使って作ったチューブ型の玉も、玉全体に違う色を被せた玉も
意欲的に挑戦してくれました。

まだまだ「ああして、こうして」と言いたいところはありますが、
自分の作りたい物を如何に制作して行くか・・・と
考えながらとんぼ玉に向き合っていることは、
これから先、とても大切なモノなので、失敗あるいは
ちょっと遠回りだと思うことも、私は敢えて経験してもらいたい
と思っています。

―――自分もそうやって、技術を覚えて来た方なので。
手とり足とり教えてもらえば、それは簡単なコトですが、
逆に教えられたコトしか出来なくなってしまうので・・・。

とんぼ玉は今から5000年も前から作られていたと言われています。
そして技法の殆ども、紀元前に確立されているんです。
ただ、ガラスの質や道具の進歩で、より複雑な模様が作れるように
なってはいますが、基になる技法はそんなに多くはないんですよ。

それを駆使して、如何にオリジナリティのある作品を生み出せるか、
と言うのが、面白いところでもあり難しいところでもあります。
ある程度の基本ができれば、見ただけでコピーは出来るように
なりますが、それでは自分の作品とは言えないですからね。
ましてや、作家としてやって行く覚悟なら尚の事(>>>自分!?𕾼)。

じゅりさんも頑張れ~!!


M家さんの作品 160604-3.jpg
横じまに対して↑↓にドローイングしてもらいました。
最初に書いたように、細引きのコツはスッカリ掴んだようです。

ドローイングはもっと攻めてっても良いかも。
上方向も下方向も、均一に引っかけるときれいな模様になりますよ。
ガラスの扱いはとても上手なので、火の当て方を覚えたら、
メキメキ上達グッド(上向き矢印)すると思います。


T木さんの作品 160604-6.jpg
前回同様、細引きには苦戦していましたが、
↑↓↑と、三本の引っかきにも挑戦しましたよ~。

教室中にもお話しましたが、とにかく『多量のガラスを熔かせること』
T木さんの長所。
今やっている【小技】は苦手かもしれませんが、
頑張って乗りきってくださいね!


バーナーが止まると、階段の上で「ワンワン」呼ぶコタ
とうちゃんがいても、その辺はよく分かっているのね。

工房𕾩に下りて来て、M家さん達が持って来てくれたオヤツを
いただきまするんるん
・・・何もお仕事していないのにね・・・。
160604-5.jpg
「オスワリ」「オマワリ」など、芸を披露してはオヤツをGet!

オヤツをもらい終わると、また2階へ帰ったコタでした。
とにかく抜け毛が治まるまでは、仕方ないよね。


楽しいとんぼ玉教室の後は、夕方のお散歩へ。
家を出たら、真ん前にイル君が来ていましたよ~𕾗
ヘルニアになってから、コタ家まで歩いて来たのは3回目だね。
160604-7.jpg
一緒に民芸館~イル君ちコースに行きました。

うっかりすると、どっちかがどっちかに乗っかろうとするので
調子の良い時は要注意ですが、それもイル君の回復の証でもあり、
複雑な思いもあります𕾻

コタはガマンしながら、イル君の回復を待とうね~。
posted by コタかぁちゃん at 23:30| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。