2016年09月11日

小諸城址・懐古園

コタは、とうちゃんの趣味にお付き合いして、
相当な数の城を攻め落としていますが(笑)、
長野県内にある【近世城郭】に分類される城は、残り2つに
なっているんだそう。

それは、東信の小諸市小諸城と、南信の飯田市飯田城

今日は、小諸城を攻めることになりました。
ワンコ決定な事はずいぶん前から知っていましたが、
ナゼか行ったことがなかったんですよね。

直売所に寄ったり、休憩したりしながら、10時前に到着。
160911-k1.jpeg
この三の門の真正面に、すぐ線路電車

最近知った事ですが、小諸城の城域の中をしなの鉄道
通ってしまっているんですね~。大胆!!
なので大手門とか三の丸とかは、線路の向こう側になるそうです。

気を取り直して、門をくぐると料金所𕾰があります。
入園料は、散策券(園内と動物園)は大人300円。
藤村記念館等々も入れる共通券は大人500円。
駐車場駐車場は1日500円です。
ワンコは無料(散策のみ・施設には入れません)。

真っ直ぐ行くと、虎口です。
160911-k2.jpeg
まぁまぁ、とうちゃんが写真を撮りながらなので
・・・にしてもかなり遅い???から、コタがグイグイ引っ張り、
はぐれそうです~あせあせ(飛び散る汗)𕾽

虎口に入って右手が二の丸跡。
160911-k3.jpeg160911-1.jpg
コタは得意げに石段を駆け上がります~ダッシュ(走り出すさま)
ここはまさに今夜の大河ドラマ「真田丸」で、関ヶ原へ向かう途中の徳川秀忠が、
第2次上田合戦の時に、陣を張った場所。

実際に見て来ると、歴史音痴たらーっ(汗)でもドラマを見ると話がわかる!!

それから番所跡・小諸懐古射院(弓道場)を過ぎると、
紅葉谷と呼ばれる深い堀(自然の地形を生かした)に架かる、
黒門橋を渡ります。渡った突き当りが黒門跡になります。

左に曲がると御駕籠台跡、そして石垣に囲まれた本丸跡へ。
160911-k4.jpegg★
今は懐古神社になっています。

神社の裏手の石垣に登りますよ。
160911-k5.jpeg
眺めはいいけど、断崖絶壁好きのコタは、走って縁へ行くので、
高所恐怖症の私は、しゃがみながら引っ張るのが大変です𕾵

160911-k6.jpeg
ここから堀の向こう側にある動物園がチラリと見えました。
ペンギンがいるんだよなぁ~𕾾
もちろんコタ連れでは入れませんので・・・バッド(下向き矢印)

石垣の上を歩いて、反対側のひときわ高い天守台跡へ。
160911-k7.jpeg
もうコタは、早くこの石段を登りたくてウズウズるんるんるんるんるんるん

とうちゃんが「行っていいよ」と言ったら駆け上がり、
またも角の縁っ子へ・・・あせあせ(飛び散る汗)
石垣の写真を撮っていて、遅いとうちゃん・・・。
そんなコタのシャッターチャンスに間に合わず。
160911-k8.jpeg
「拙者はもう、グルっと見回したでござる。満足じゃ~揺れるハートbyコタロー

160911-k9.jpeg
日が照ってきて、暑くなってきたけど、コタは超ゴキゲン。

次は、今登った石垣を下からじっくりと見上げます(とうちゃんのみ)。
160911-k10.jpeg
角は算木積みですが、全体は野面積みなので荒々しい印象。
ま~たここでとうちゃんがブレーキ。。。バッド(下向き矢印)

私たちは、馬場だった桜の木の下のベンチで待ちぼうけです。
コタは通りかった人たちにかわいがってもらいましたが~ハートたち(複数ハート)

160911-k11.jpeg
この馬場の𕾦桜広場が、春には見事なんでしょうねぇ。
きっと混み混みんだろうなぁ~。

最後に富士見台へ。
160911-k12.jpeg
お掃除の職員さんにお聞きしたら、冬場は見える確率が高いそうです。
それでも、「本当に頭がチョコっとね」とのことですが、見てみたい~。

160911-k13.jpeg
この写真のど真ん中あたりに、「チョコっと」なんだって。

富士見台から白鶴橋を渡ると、さっき石垣の上から見えた動物園
160911-k14.jpeg
でも、橋の所に「犬持ち込み禁止」と真っ赤っかな文字で、
デカデカと書かれています。。。

私たちの大好きなペンギンのほかにもライオンやエミュー、
天然記念物の川上犬犬もいるそうですよ(なのに犬禁・・・たらーっ(汗))。


残念ですが、私たちはまた馬場を突っ切り、酔月橋から外に出ました。


小諸は城下町でもありますが、北国街道の宿場町でもあります。
暑くなっちゃったけど、少しだけ宿場を歩きまーす。

続きはまた明日~𕾲わーい(嬉しい顔)
posted by コタかぁちゃん at 23:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする