2017年09月02日

3人揃って水中花

急に秋めいて来ましたね(↓16.9 ↑26.4)。
コタ地域では、早い所は稲刈りが始まったようですよ。

今日は10時〜とんぼ玉教室
いつも賑やかなM家さん御一行です。

・・・毎度の事ですが、コタはとうちゃんとウォーキングに
出掛けてしまい、看板犬不在ですバッド(下向き矢印)
申し訳ございません!!


じゅりさんは甲府の暑さと、塩尻の涼しさ(寒さ?)等々で、体調不良。
「今日は休めば?」と言うの言葉に「作りたいから帰って来た」
とド根性で来てくれましたが、「ショートコースでお願いします」と。
無理は禁物ですexclamation腕が鈍らない程度に練習して行ってね。
代わりにM家さんT木さんが通常コースで頑張ってくれました。

3人揃っては、3ヶ月ぶりになります。
それでは(本当は7月にやりたかったのですが)水中花に進みますよるんるん

最初に私が見本を作りながらレクチャー。
そして、まずは母娘コンビからスタートです。
170902-1.jpg
体調が悪いにも関わらず、集中力のあるじゅりさんは、
黙々と水中花を作って行きます。
M家さんは点打ちの時に「手が震える〜あせあせ(飛び散る汗)と苦戦していますが、
飲み込みが早いので、水中花を作る手順はすぐに覚えてくれました。

早めにじゅりさんが戦線離脱し、代わってT木さんが始めました。
170902-2.jpg
3ヶ月ぶりなので、「全部忘れたぁ〜」って言っているけど、
ガラスを溶かす度胸の良さは健在でした


それではみなさんの作品で〜すぴかぴか(新しい)

170902-3.jpg じゅりさんの作品
数は少ないけれど、とてもきれいな水中花が出来ましたよ〜。
本人は点打ちの花びらの形が揃っていないと不満げですが、
初めてにしたら上出来です
色合いも涼しげでGOODかわいい
来月は体調万全にして、来てくださいね。

M家さんの作品 170902-4.jpg
自分の作りやすい小振りなサイズで、たくさん作りましたねグッド(上向き矢印)
ベースを三角にするところは完璧でしたが、点打ちする細引きを
温める時に炎の下の方を使っているので、花びらに煤が入ります。
炎の上の方を使うように心掛けてくださいね

170902-5.jpg T木さんの作品
ベースを三角にする事が、第一の関門exclamation&question
点打ちの間隔をもうちょっと狭められると、真ん中を凹ませる時
きれいに5弁の花びらが寄って来ますよ。
最後に被せるクリアガラスは十分に柔らかく溶かせているので、
乗せた後に手早く切れるようになると、花が崩れずに出来上がりますかわいい


今日も長時間お疲れさまでしたわーい(嬉しい顔)
また来月、お待ちしておりますハートたち(複数ハート)


続きを読む
ラベル:とんぼ玉 廃城
posted by コタかぁちゃん at 22:32| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする