2008年08月03日

『松本ぼんぼん』

*昨日の夜のお話です。
とうちゃんにインターネットの線を取られていて、
更新できなかったので・・・。



毎年、8月の第一土曜日に、松本市街地を通行止めにして、
『松本ぼんぼん』という、夏祭りが行われます。
会社や職場、学校、友達などのグループで「連」を作り、
その名の通り「松本ぼんぼん」の曲でひたすら踊りまくる。。。るんるん

まさに、踊る阿呆に見る阿呆・・・♪同じアホなら踊らにゃ損々!!
なのですが、「連」というグループに入らないと
踊りの輪に入れないんです𕾵

第34回の今年は、過去最多の300連(2万6千人)が参加。
松本っ子の暑い祭りです!!

午前中に遊びに来たイル姉さまが、
「今年は会社の連に入って踊るんです。見に来てくださーい」
と言っていたので、夕立もなさそうだしっと、
コタと一緒にチャリで行って来ました~わーい(嬉しい顔)

6時に家を出て、あがたの森公園で軽くお散歩𕾘して、
駐輪場になっている「松本市美術館」へ。
あら、駐輪場ガラガラ~。助かった!

そこからすぐの折り返し地点位置情報辺りが
イル姉さま「連」の踊りスタート位置なので、
真っ先に探す目ことにしました。
偶然、ドール君のパパ・お姉ちゃん・お兄ちゃんに会いました。

人の多さと、大きな音楽るんるんに、コタはビビッて
しっぽがキュッっと下がってますバッド(下向き矢印)

踊りの輪に着いた時、1回目の踊りが終わって休憩に。
イル姉さまはどこですか?」
って、同じ会社らしき方に訪ねると、
「向こう側にいるよー」
と教えてくださったので、すぐに会うことができました。

まず、かぁちゃん、ビールビールを一口いただいて。。。あせあせ(飛び散る汗)

さて、2回目の踊りが始まりましたよ~るんるんるんるん
コタはビクビクしながら、イル姉さま「連」
着いて歩きました。
08ぼんぼん1.JPG

ピッピッと笛の音とか、酔っ払った人が近寄って来たりとか、
コタは恐怖体験がく〜(落胆した顔)だったかも~。
08ぼんぼん2.JPG

でも、コタはたくさんの人にもかわいがってかわいいもらいました。
ポッキー君のパパにも、初めましてのごあいさつ。
「かわいいねーかわいいって声がすると、すかさずそちらへ・・・。
なかなか𕾰ゲンキンなヤツです𕾻

3回目の踊りが始まる頃、日も暮れてきたので
イル姉さまたちにあいさつして、帰ることにしました。

駐輪場に戻る足の速いことーダッシュ(走り出すさま)
やっぱり人ごみと、大きな音は苦手なんですね。。。
無理させちゃったかなぁ𕾮

08ぼんぼん3.JPG

振り返ると美術館の空が、赤く染まり始めていました。
車のなるべく通らない、薄暗い裏道ばかり通って、
家に着くと、とっぷり日が落ちて真っ暗になっていました。
posted by コタかぁちゃん at 10:02| Comment(3) | 地域の言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
松本ぼんぼん、思わずウイスキーボンボンの松本版かと(なんじゃそれっ)
お祭りだったんですねー!
コタ君、お祭りの迫力が少し恐かったのかな☆
こりんなど、お祭りの太鼓やラッパでぶるぶるに震え上がりまくります…。
でもみんなにかわいいって撫でてもらえたし、よかったね♪
↓の女の子二人組の会話、こういう話し方なの?すっごくおしゃま!聞いてみたいー(笑)
Posted by ゆ~ at 2008年08月04日 12:55
『松本ぼんぼん』なんだか、オモローな名前のお祭りですね𕾹

こちらでも、ちょうど今日まで『さんさ踊り』やってますが。。。
暑い𕾽ので、観にいきません

ラストの画像アートですね𕾷夕焼けと綺麗な建物。そしてコタくん。お見事こんな写真撮りたいッス
あ~~、早くに帰って、冷たい呑みてぇぇw
Posted by ヒモパソ(PaPa) at 2008年08月04日 17:50
ゆ~さま>この辺りはお盆前に、『青山様』(男の子)と『ぼんぼん』(女の子)という、地元の者でないと良くわからない𕾮行事があります。
これは子供が行うのですが、歌を唄いながら、男の子は小さな神輿に杉の葉を山に積んで、女の子は提灯を手に提げて、夜町内を練り歩くんです。
『松本ぼんぼん』はこれの発展系だと思うんですよね。
あぁ、私も踊りたい


ヒモパソ(PaPa)さま>美術館の前庭にある、巨大なチューリップのモニュメント(良く見てもらうとわかると思いますが)は、松本市出身の芸術家・草間弥生さんの作品です。
時々企画展など見に来ているのですが、こんな景色は初めてでした。
慌ててコタと夕焼けが入るように撮ったのですが、
お褒めいただいて、嬉しいです~~~
Posted by コタかぁちゃん at 2008年08月05日 21:38
コメントを書く
コチラをクリックしてください