2011年05月02日

修復を終えたお船

今日・明日は、コタ地域のお祭りです。

朝6時から、恒例の注連縄張り。
とうちゃんが出てくれました。
カイ君ちも連休なので帰って来ていて、
みんなで注連縄張りに出て来ていたそうですよ~。
・・・かぁちゃんは、昨夜飲み会ビールだったので・・・ごめんなさ~いあせあせ(飛び散る汗)

30分ほどで終わって、とうちゃんが戻ってきたので、
まだ早いけどコタのお散歩𕾘に出ました。
110502-1.jpg
𕾿向こうの電柱のところに、カイ君ゆきなちゃんこうき君
ゆかあゆママがいますよ~。

コタカイ君「ガウガウどんっ(衝撃)しまくり・・・。
朝っぱらからご近所迷惑だよッパンチ


夕方5時過ぎに、やっと修復の終わったお船が、
小学生たちに曳かれて、回って来ました。
賑やかなお囃子の音るんるんに、コタはビビっていますが、
折り返しの休憩地点まで、見に行って来ました。
110502-2.jpg
ほんのわずかでも、修復の寄付𕾰をしたんだもの。。。𕾻
どんなになったか、興味ありますよ~。

惣社・伊和神社のお船が作られたのは、明治30年(1897)。
解体修理は、今回が初めてのこと。


110502-3.jpg
黒い漆がピカピカに光り、彫刻のところは、
ところどころ金色に塗られています。
すっかりきれいになっていましたぴかぴか(新しい)

交通整理のホイッスルの音にも、ビビるコタですが、
ご近所のパパ・ママさんたちや、お祭りに参加中の小学生たち
たくさんなでてもらっていましたかわいい
110502-4.jpg
お隣のゆかちゃんと、お友達

しばらく休憩したあと、お船の向きを変えて出発です。
再びお囃子るんるんが賑やかに鳴り始めると、
怖がって抱っこのコタでした。
posted by コタかぁちゃん at 21:41| Comment(0) | 地域の言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください