2012年10月28日

中山道~木曽路⑨ 前編

今日は雨になっちゃいましたね。
とうちゃんもコタも、お疲れ休みでちょうど良いみたいです。

さて、昨日の木曽路ウォークくつ
前回の終点・木曽町役場から木曽の棧(かけはし)までの、
往復11.07㎞。
今までで一番長い距離だったかもしれません。

コタ的には、峠よりも難所𕾮な場所も何ヶ所かありました。
更に、先日木曽福島の街に、クマが出没したこともあり、
あちらこちらで『クマ出没注意』の看板を見たそうですよ。

とうちゃんの写真が多くて、またも前後編になってしまいますが、
どうぞお楽しみくださいまし。。。かわいい


10月27日(土)

家を8:15に出発。順調に木曽町役場に到着車(RV)
121027-ki1.jpg★ 9:55歩き始めます。

お天気も上々。歩き始めは細い下り坂です。
コタは気合十分。ダッシュですよ~ダッシュ(走り出すさま)
121027-k1.jpeg

歩き始めてすぐに、塩渕という集落に入ります(10:04)。
一里塚の碑がありました。121027-k2.jpeg

121027-k3.jpeg
ガードレールの下は、R19
その向こうに、木曽福島の街が見えました。

旧国道に出たり(10:14)、坂を上って集落の中を歩いたり。
ダムを横目に眺めながら進むと、古い道祖神が二体。
121027-k4.jpeg
中平立場あとだそうです(10:22)。

121027-k5.jpeg★街道脇の民家の軒先。
ちょっとホッとする風景ですね~わーい(嬉しい顔)

その先、R19の陸橋をくぐると、今日最初の難所、
明治43年中央線開通の折、作られたトンネルを通ります(10:31)。
121027-k6.jpeg
車1台が通るのがやっとの、細く暗いトンネル
本当に汽車が通っていたのか、疑っちゃうけれど、
トンネルの入り口の煉瓦に『列車注意』と書かれています。

軽トラが向こうから来たので、通り過ぎるのを待っていざexclamation

・・・が、コタがなかなか進もうとしません。
真っ暗だし、中でカーブしているため、出口も見えないんです。
そりゃ、怖いよね~あせあせ(飛び散る汗)

とうちゃんに励まされ、なんとかトンネルに入ったコタ
恐る恐る歩いたそうですよ。
121027-k7.jpeg
出口が見えたら、大急ぎで歩きます。
トンネルを抜けて、遠く離れたところから振り返り、
 チーしてやったぜぇ。ワイルドだろうぅ」
byコタロー

最初の難関を突破したコタは、ずんずん進みます。
一度R19に出ますが、元橋の信号脇から再び細い道へ。
中央線のガードをくぐります。
121027-k8.jpeg
神戸(ごうど)の集落は、しっぽを上げて歩きます(10:56)るんるん
𕾓猫ちゃんとすれ違ったりしたらしいですよ。

集落の先はちょっとした林になり、御嶽山遙拝所があります(11:02)。
121027-k9.jpeg121027-k10.jpeg
昔の旅人は、はるか遠くに見えた御嶽山をお参りしたそうですよ。
残念ながら、現在ここから御嶽山は見えないんだそうです。

林を抜けると、隣に線路、その下にR19が見えました。
道の駅木曽福島も見えたそうです。
121027-k11.jpeg

そこからまた、中央線のガードをくぐり、R19に出てます。
そしてまたまた脇道に入りますよ~𕾘
121027-k12.jpeg
【中山道】と書かれた小さな看板が可愛い~揺れるハート

板敷野と言う集落の中に、今日2つ目の難所があります。
目印はコウヤマキと枯れた松の木のある丁字路。
普通に歩くなら、木の前を右に曲がるのですが・・・
なんと線路沿いの(柵も無し!)細―――い道が中山道なんです。
121027-k13.jpeg
信じられないわ~(11:26)がく〜(落胆した顔)

電車の音が大の苦手なコタなので、途中で電車が来たらパニックに
なることは、とうちゃんも予想していたらしいのですが、
運良く手前で特急しなの電車が通過して行ったそうで、
ローカル線の強みexclamation&question今しばらくは大丈夫~𕾴と、
コタは落ち着いて通りぬけることができました。

歩いている途中で特急電車が来たら、大惨事になっていたかも。
本当に良かったです。

そろそろ今日の長閑な道の区間も、終わりに近づいて来ました。
最後にR19に出る前に、沓掛観音をお参り。
121027-k14.jpeg
このお堂の前を、中山道は通っていたのだそうですが、
今は消滅してしまっています。

坂を下ればR19
今日の目的地、木曽の棧まで、あと少しです。


続く~♪
posted by コタかぁちゃん at 11:56| Comment(0) | 街道をゆく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください