2013年11月02日

中山道~木曽路⑰ 大妻籠⇒下り谷編

ようやく、とうちゃんかぁちゃんの休みが合う連休がやって来ましたexclamation×2
行楽シーズン真っ盛り~𕾧なのに、お天気が安定しているのは
今日だけらしい信州。。。

とうちゃんが行きたいトコロ・やりたいコトはただ一つ!
木曽路の制覇です。
約2年掛かりの、コタにとっては大偉業ひらめき
とうちゃんのいろんな思いもあるので、4部構成の木曽路final
長くなってしまいますが、どうぞお付き合いくださいませハートたち(複数ハート)



早起きをしてお弁当を作り、コタの散歩などなど準備を整えて、
8時前に出発車(RV)ダッシュ(走り出すさま)
途中のR19で、30km/hの超遅いトラックのせいで渋滞したりして、
遠くなってしまった前回の終点・妻籠宿の第三駐車場に着いたのは
もうすぐ11時になる頃でしたあせあせ(飛び散る汗)

131102-k1.jpeg
駐車場のおじさんおばさんに励まされ、コタも気合十分!
出発です(10:57)。

131102-k2.jpeg
歩き始めは、なだらかな登り。
この先、大妻籠下り谷を経て馬籠峠へと、上りが続きますよ~。

橋場という集落を抜け、川を渡り(ここが木曽路と飯田の追分)、
いよいよ古い道へ入るのですが、道端のお家の柴ワンコ
「ワンワン」と元気よくごあいさつされました(11:07)。
131102-k3.jpeg

131102-k4.jpeg「ガンバって行って来るよ~𕾔」

石畳あり、枯葉の積もった道あり、林あり、竹林あり、
と歩いていても飽きない景色。
131102-k5.jpeg131102-k6.jpeg

さすがに今までの街道歩きと違い、何人もの街道ウォーカーの
方々
とすれ違います。
小さなお子さんもいれば、おじいちゃんおばあちゃん、
外国人の方にもたくさん会いました。
みなさんから声を掛けられたり、なでてもらったりして、
コタはその度ごとに、元気になりますグッド(上向き矢印)

131102-k7.jpeg
レトロな狸の置物があるお茶屋さん(ガラス戸にコタが写ってます)。
看板は英語で書かれていて、ちょっとおしゃれかわいい

その先すぐが、大妻籠です(11:21)。
131102-k8.jpeg

水車小屋や、卯達のある旅籠のある街並み。
131102-k9.jpeg
古い旅籠丸屋の縁側には、131102-k10.jpeg
イル君にそっくりな、木で出来たダックスちゃんが並んでました。
コタイル君がいっぱいいるよ~」って言ったら、
辺りを目キョロキョロ。プフフ・・・𕾻

大妻籠を過ぎると、一度坂を下ります。
川を渡り、ちょっとだけ車道を歩いて、
今度は石畳の急な坂を登ります(11:35)。
131102-k11.jpeg

森の中の九十九折りの道。
ところどころに熊除けの鐘があるので、カーンと鳴らして通ります。
131102-k12.jpeg
こんな坂も、コタはまだ余裕で登りますよ~。
昔の人は、草鞋でこの道を登り降りしたのかと思うと、
本当に大変だったんだなぁ・・・と感じます。

だいぶ登って、視界が開けたところにベンチがありました。
ちょっと休憩です(11:41)。
131102-k13.jpeg
下にみえる集落が、大妻籠
もうこんなに登って来たんですね~。

さぁさぁ、体が冷えないうちに出発です。
森林浴しながらの街道歩き、小さな木の橋を渡り(11:50)、
少し行くと、下り谷集落(11:52)。

また少し登って行くと、倉科祖霊社がありました(11:56)。
131102-k14.jpeg
ここは松本城主・小笠原貞慶重臣・倉科七郎左衛門朝軌が、
この辺りで地元土豪に襲われ、従者30人余りとともに全滅させられ、
その霊を祀っている神社だそうです。

こんな遠い場所にも、松本城ゆかりの人物の史跡があるとは。。。
ホントに昔の人ってすごいです。

とうちゃんは、街道沿いの紅葉𕾧も楽しみにしていたのですが、
131102-k15.jpeg★この辺りでは生憎この程度。

まだこの先、馬籠峠(801m)も控えていますが、どうでしょうか𕾮


続きます♪
posted by コタかぁちゃん at 23:00| Comment(0) | 街道をゆく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください