2014年04月12日

お花見2014 その2~御母家・湯の原の枝垂れ桜

140412-k11.jpeg
本日も、朝からいいお天気(↓-1.2 ↑15.7)。
朝は冷え込みますが、日中の気温が高いせいか、
北アルプスの雪も、若干融けてきたようです。

昨日の予定通り!?朝のお散歩はとうちゃんも一緒に、
御母家~湯の原の枝垂れ桜を見に行ってきました。

140412-k1.jpeg
わぁぁ~~~!!
とってもきれいに咲いています𕾦
こんな日に、誰もいないなんて奇跡のようです!!
飲用温泉いい気分(温泉)もラクラク汲めました~♪

140412-k2.jpeg
コタは花よりクンクン・・・。
勝手気ままに、辺りをウロウロ。

とうちゃんは時間をかけて、写真を何枚も撮ってきました。
140412-k3.jpeg
満開にはちょっと早いけど、開いたばかりの桜の花は、
朝日が当たって、とってもきれいぴかぴか(新しい)でした。

それから、湯の原の大きな枝垂れ桜に向かいます。
途中、先日福寿草を見に来たブドウ畑を通りました。
今日は水仙がたくさん咲いていましたよ~。
こちらもきれいでした。

湯の原の枝垂れ桜が見えて来たのに、コタアスレチックの方へ
曲がろうと必死です・・・ダッシュ(走り出すさま)
140412-k4.jpeg
このまま真っ直ぐ行ったら、パピーテイルさん𕾤なので、
「トリミングに連れていかれる」っとでも思っているのでしょうか?
―――いや、実際、トリミング𕾤はしたいのですが~𕾵

140412-k5.jpeg
こちらもきれいですよ~。
この位置からは、奥の大きな枝垂れ桜と、
向かって右の一番古い枝垂れ桜が見られます。
畑の方は、梅も満開!!水仙も満開!!

140412-k6.jpeg
こんな風景を見ると、本当に豪華な春だなぁって思います𕾾

140412-k7.jpeg
パピーテイルさん前の、大きな枝垂れ桜
こちらはまだ5分咲きくらいでしたが、日の良く当たる下の枝は
ほぼ満開状態ですかわいい

ここで、黒柴君や、赤柴君2匹と会いました。
140412-k8.jpeg
この柴君は、臆病なのか?コタが近付くと逃げてしまいます。
目を合わさないようにしていて、コタが前を向いて歩き出すと、
後ろをついて来るんですよ。
仲良くなれないかなぁ?

この子はリードをしていないけど、すぐ前を飼い主さん
リードで繋がれたもう1匹の赤柴君が歩いていました。

みんなはこれから御母家の方へ向かうみたいです。
坂のてっぺんで、バイバイ𕾲しました。

私たちは来た道を戻ります。
140412-k9.jpeg
この角度から見ると、枝垂れ桜の大きさがわかるでしょうか?
いったい樹齢は何年なのかしら。。。

帰りはコタのリクエストにお応えして、アスレチック経由で。
山際のこちらは、まだ桜の蕾は固いままでした。

偶然、お薬師さまにお参りに来ていたロク君ママに会いました。
ウォーキングの時、たまにこちらへ来ることがあるそうです。
「そろそろワンコが飼いたいなって、家族で話してる」んですって。
また新しいお友達ができるといいなぁ。

最後はレオちゃんちの桜
140412-k10.jpeg
レオちゃんがいなくなってからも、毎年楽しませてもらっています。
一昨年お父さんが亡くなり、お母さんも今は違うところに
住んでいるので、桜も寂しがっているかも。
また見に来ようね。


湯の原の帰り、上原菓子舗で赤飯万十と桜餅を買いました。
(・・・花より団子・・・𕾻)
汲んで来た御母家の温泉でお茶を淹れ、オヤツにいただきました。
コタもチョビッとお裾分けをもらいました。

あ~、シアワセ・・・ハートたち(複数ハート)そんなこんなで、朝はタップリ1時間半ものお散歩を
して来ましたが、午後からはしっかりお仕事しましたよ~。

作品展まで、泣いても笑ってもあと5日ですから!!

140412-2.jpg さて、これはどうなるの?
どうしてもこの色の玉が作りたくて、チャレンジしたんだけど、
やはり相性の悪いガラス同士の組み合わせは、
割れまくりで・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

とうとう作りたかった形には、仕上げられませんでした。。。

それでも往生際悪く、試行錯誤を続け、この形なら・
この分量の組み合わせなら、なんとか割れないという妥協点?
をみつけて、今になって増産中~あせあせ(飛び散る汗)

もう意地!?

出来上がりは、作品展が始まったら見ていただこうと思います。

工房みずたまり𕾩10周年記念作品展【夢の中の花束・2】
4月18日(金)~20日(日) 10:00~18:00
工房みずたまりにて

お待ちしております𕾨
posted by コタかぁちゃん at 23:54| Comment(0) | 花暦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください