2014年09月23日

岡城

今日も朝からいいお天気晴れ(↓8.9 ↑24.9)。
とうちゃんはあわよくば街道ウォークへ!っと早起き(6時前)。
ですが、日中の気温上昇と陽射しの強さで断念バッド(下向き矢印)

用事もあったので、上田方面へ行くことになりました。

転んでもただじゃ起きないとうちゃんは、麻績~青木村経由で
上田に抜けるルートに決定。
青木村と上田市の境目の岡城を歩くんですって。

あちこちで休憩しつつ、道の駅あおきにも寄りました。
先日テレビで、今年は豊作の松茸がたくさん入荷!と
言っていたからには、せめて見るだけでもね~。

「豊作で安い」とも言っていましたが、うちのような低層庶民には
どう頑張っても手が出せるお値段ではなく・・・もうやだ〜(悲しい顔)
本当に見て来るだけ~でした。


さて、道の駅からすぐの岡城には10:40に到着。
140923-k1.jpeg
家を出た時はまだ肌寒かったのですが、すでに暑~ッあせあせ(飛び散る汗)

岡城は、武田氏が川中島進出する時の前線基地の城で、
馬場信房が築城(牧之島城と同じ)したと言われています。
・・・ですが、その遺構は外堀と土塁の一部が残るのみたらーっ(汗)。。。

140923-k2.jpeg140923-k3.jpeg
ここは唯一公園として残っている場所です。

140923-k4.jpeg
平らな土塁を、楽しげに駆け回るコタ
それでは本丸跡を探しに、歩いてみましょうか。

140923-k5.jpeg
かなり大きな外堀があったようですが、今は田畑に変わっています。

140923-k6.jpeg
黄金に色付いた田んぼと、色とりどりのコスモスがきれいでした。

140923-k13.jpeg★井戸の跡もありました。

田んぼの中の道をノンビリ行くと、ここが本丸!?
140923-k7.jpeg
今は市営住宅(岡団地)になっています~~~ッがく〜(落胆した顔)

分かっていたとはいえ、衝撃を受けつつ三日月掘りを探しながら
進んで行くと、どう見ても行き止まりのよう。。。
引き返そうかどうしようかと迷っていたら、
広場で遊んでいた子供が2人、「ワンコだー」「どうしたの?」
と駆け寄って来たので、「迷子になっちゃった~𕾻」と言うと、
「どこから来たの?」コタをなでながら聞いてくれます。

岡城公園の方から来たの。お城のお堀跡を歩いて来たら迷った」
と言うと、「こっちから上がれる道がある」(畑を突っ切る道ね~)
「あっちに行けば国道に出られるよ」などなど、
とっても親切に教えてくれました。
140923-k8a.jpeg
あまね君ゆみちゃん、2人とも小学3年生だそうです。

とうちゃんが本当に知りたかった道は、三日月掘りの場所なんだけど、
2人は懸命に私たちを、車の止めてあるところまで連れて行かなきゃ!
とあれこれ知恵を絞ってくれています。

私たちが迷い込んだこの広場は、『子ども天国』と言うらしく、
ビオトープがあったり、岡城の天然の掘りだった浦野川に降りる
階段があったりと、素敵な場所でした。

彼らはとりあえず、浦野川へ私たちを案内してくれました。
140923-k9.jpeg
「ワンちゃんは危ないから、抱っこしてね」と注意を受け𕾹
きれいな流れの川に降りると、ゆみちゃんコタは川に~。

140923-k10.jpeg
あまね君が、「あっちが岡城公園の方向だよ」と教えてくれました。
3年生でも、地域のコトは良く分かっているんですね𕾴

今度の日曜日には、子ども天国で焼き芋大会、
4日は小学校の運動会があるそうで、コタ家「来てね」
誘っていただきました~。
楽しみだねかわいい 運動会、頑張ってよ~位置情報

それから2人は、最短ルートで(私たちが来た道でした)、
車を止めた場所まで送って行ってくれました。
途中コタは抱っこになっちゃったんですが、
「10歳じゃオジサンだもんね」ゆみちゃんに言われたコタは、
意地を出して、歩き出しましたよ~𕾘
140923-k11.jpeg

おかげ様で無事に車に戻れました~ハートたち(複数ハート)
あまね君は、車に乗っても迷わないように、
松本に帰る道も教えてくれました。
本当にしっかりしているexclamation×2ありがとう𕾯

140923-k12.jpeg
最後にコタにオヤツをあげてもらって、バイバイ𕾲
2人にお礼するモノが何も無くて、ゴメンね~𕾵


ちょうどお昼時。
2人は自転車で元気に帰って行きました。

すっごく心に沁みる、良い出会いでした。
本当にありがとうね𕾨


それから上田の市街地に出て、用事を済ませ、
直売所あさつゆで、お昼ごはんに松茸ごはん¥680也~を買い、
2時半には帰宅家車(RV)

コタはグッスリお昼寝眠い(睡眠)でした。
posted by コタかぁちゃん at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください