2015年09月26日

レースケーン

今日の天気予報は、ハズレ~(↓15.9 ↑22.1)。
日中は晴れて気温も上がると言っていたのに、
ずっと曇り時々霧雨の、不安定で肌寒い一日になりました。

今朝のお散歩は、イル君ちに行くも会えずにウダウダ。
引っ張りながら帰ると、S木さんちのお屋敷辺りで
S野さんのおばあちゃんに会いました。
それまでブーたれ、イヤイヤだったコタが、駆け寄り、
「おーヨシヨシ」と撫でてもらって甘えます揺れるハート


午後はとんぼ玉教室に、久しぶりのイル姉さま登場。
先日のお散歩で会った時に、「レースケーンを作りたい」
聞いていたので、どんなアイデアをもってくるのかな𕾮と
楽しみにしていました。

細引きを作って、クリア系のガラスにラインを乗せて捻じりながら
引き延ばすのがレースケーンの基本ですが、そんなコトはもう
経験済みなので、オリジナリティのあるものを模索しますよひらめき

150926-i1.jpg
そして作ったのがこちらのケーン。

以前作った花パーツの、パーツとして使えない細い部分をラインに
して、引いてみました。
(工房みずたまり𕾩の教室では、無駄なく材料を使いきるために、
 個々に作った細引きやパーツは全て保管しています)

意外や意外、同心円の花パーツをラインにしたレースは、
細い線が均一に入った面白い模様になりました。
(こういうの、ご法度という先生もいらっしゃいますが
 やってみるといいね!ってものもできるんですよ~)


イル姉さまが真剣にケーンを引いている時、
コタは足元でお邪魔虫。。。こらexclamation

きれいに引けたレースを、何色のベースに巻けば効果的か、
いろいろ考えながらイル姉さまがガラスの色選びをしている時は、
「遊んでもらえない・・・」と訴えるコタ
150926-1.jpg
―――看板犬の仕事、忘れちゃったのかなぁ~?


さてさて、ちょっと濃い目の色のベースにレースケーンを
巻き付けると、こんな感じのとんぼ玉ができあがりました。
150926-2.jpg 端から端までキッチリ巻くのは
なかなか難しい事なんですよ。

本当にレースケーンはきれいに真っ直ぐ引けたので、
あとは、如何に模様を崩さないで巻き付けられるか・・・です。
ガンバレー𕾨


終わってから、イル姉さまイル君を迎えに行きました。
一緒に民芸館まで1周出来て喜ぶコタ

帰り道は、朝とは大違いでスタスタと𕾘

湯川の橋でラブリーちゃん、その先で桜ちゃん(チワワ)にも
会えて、ますますゴキゲングッド(上向き矢印)です。

明日こそは、お天気になるといいね~晴れ
posted by コタかぁちゃん at 21:45| Comment(0) | 業務連絡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください