2013年11月23日

中山道~長野県内②

昨夜は仕事で、かなり帰りが遅くなりそうだったとうちゃんでしたが、
思ったよりも順調に進み、午前様にならずに帰宅できました。
それでも祝日の今日も、ちょっとだけ会社に行かなければならず。

・・・だけど、コタとのウォーキングも諦められないとうちゃん。
お昼前、会社に行く時、コタと私も連れて行かれて、
仕事が終わるのを待ち、そのまま先週の中山道の続きへ~。。。

とうちゃんの会社から、前回の終点・洗馬駅は案外近いので、
お昼過ぎに到着。131123-k1.jpeg
身支度を整えて、12:25出発ですexclamation

洗馬宿を歩きながら、この『洗馬(せば)』の地名の所縁となった
あふた(「おおた」と発音?)の清水へ寄り道。
131123-k2.jpeg
細い脇道を少し下ると、鬱蒼とした森の中にきれいな清水が
湧き出していました(12:36)。

昔、木曽義仲軍の馬が怪我をし、この清水で洗ったら回復した
という言い伝えから、この地を『洗馬』と呼ぶようになったそうです。

再び中山道にもどり、少し行くと中山道善光寺街道の分去れ。
131123-k3.jpeg
本来は左の道を50mくらい先へ行ったところに、
桝形で別れ道になっていたそうですが、洗馬宿が大火に遭った後、
今の中山道が右に作られ、道祖神をこちらに移したそうです。

新しい道を進むとすぐに、昔の桝形から上がって来た時の道に合流。
131123-k4.jpeg
旧道を下ると、常夜塔が今も残っています。131123-k5.jpeg

131123-k6.jpeg
これは肱懸松(跡)と言われ、二代将軍秀忠が、ここで休憩した時、
肘を掛けて休んだ松なのだそうです。

しばらく、なだらかな上り坂が続きます。
急に視界が開け、今日はお天気も良いため、北アルプスが一望。
131123-k7.jpeg
またもやとうちゃんが木曽路とは違うなぁ~」と。

今度はゆるゆると下り、R19を渡って(12:55)、
国道のすぐ脇の細い砂利道を歩きます。
131123-k8.jpeg★ゴキゲン♪
コタが大好きな田舎道も、200mほどで終了~。

ここからしばらくはR19を歩きます。
131123-k9.jpeg
この辺りから松本平へ出たなぁと実感。
車がビュンビュン飛ばして行く道なので、広い歩道があるとはいえ
コタはビビりながら、速足で歩きます。

道路にあった温度計は8℃でしたが、風もなく良いお天気。
私たちもちょっと汗ばむようになりました。

『中仙道一里塚』の交差点を右折して(13:12)、
桔梗ヶ原のブドウ畑の中を歩いて行きますよ~。
131123-k12.jpeg
131123-k10.jpeg★ワインで有名な桔梗ヶ原。

かぁちゃんが今日の旅に、付いて来たのはワイナリーがお目当て𕾻
・・・だったのですが、楽しみだった城戸ワイナリーはお休み。
131123-k11.jpeg
記念撮影だけして来ました(13:14)。。。トホホ~たらーっ(汗)

それからはずっとブドウ畑の中の道。
花き試験場があったり、穂高連峰が見えてきたりと、
飽きずに歩けますよ。

線路を渡る時は、快調に歩いていたコタもヘッピリ腰(13:24)。

やっと今日の目的地・平出の一里塚が見えて来ました(13:33)。
131123-k13.jpeg
県内では珍しく、道路の両脇に一対の一里塚が現存しています。

何を思ったか、コタが突然大暴走~ダッシュ(走り出すさま)
131123-k14.jpeg
一里塚の松の木の下まで、駆け登って行きました。


このあと平出遺跡公園で休憩し、裏道で洗馬駅に戻りました。
その様子は、おまけの後編で~𕾨
往復9.4㎞(Walk meter)。
お疲れさまでした。
posted by コタかぁちゃん at 20:00| Comment(0) | 街道をゆく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月16日

中山道~長野県内①

先日、木曽路を制覇したコタととうちゃん。

早くも次の目標に向かって、歩きだしましたよ𕾘くつ
今度は、【是より 南木曽路】の碑から北へ、
長野県内の中山道を歩くようです。

とうちゃんの計画では、途中の和田峠越えは諦めて、
下諏訪宿の次は和田宿へ飛ぶ予定だそうです。
そして最終目的地は軽井沢宿

また気長にのんびりと、頑張ってもらいたいものです𕾨


さて初回の今日は、【是より南 木曽路】の碑を出発して、
日出塩~本山宿~洗馬宿(洗馬駅)までの往復。
131116-k1.jpeg
約2年ぶりの【是より南 木曽路】の碑に到着(9:56)。
写真撮影カメラなどして、10:00に歩き出しました。

15分ほどR19を歩き、細い脇道へ入ります。
131116-k2.jpeg

日出塩の集落あたりで振り返ると、2年かけて歩き通した
木曽路の山並が遠く見えます。
131116-k3.jpeg

長泉寺(10:28)、一里塚跡(10:32)を通り、JRの線路を渡る高架橋
から眺めた風景は松本平に続き、木曽路の旅の終わりに
濃尾平野に続く風景を見た時の感動を、思い出したそうです。
131116-k4.jpeg

線路を越えたら、少しの間R19を歩きます。

すると、車で通る時にも必ず目に入る『本山宿』の看板が(10:50)。
R19から左の道に入ります。

高札場跡(10:52)~上町石仏群(10:54)~本山宿碑(11:07)
131116-k5.jpeg
𕾧モミジが真赤できれいですね~。

本陣跡(11:11)の向かい側には、国登録有形文化財の
出梁造り(だしばづくり)の家なみ。
131116-k13.jpeg
写真の奥から、若松屋・池田屋・川口屋だそうです。

この本山宿は、蕎麦切り発祥の地なので、
さぞかしお蕎麦屋さんが軒を連ねているんだろうな~と
思っていたのですが・・・131116-k6.jpeg
この1軒しか無かったらしいです𕾵。。。本当かな?

お天気もいいし、コタも快調に歩いているので、
もうちょっと足を延ばすことにしたらしいとうちゃん。

本山宿を出てまた少しR19を歩き、今度は本当に細い道へ(11:38)。
131116-k8.jpeg
木曽路を歩いていた時も、時々こんな道に出会いましたね。

長閑な田園風景の中を歩いて行くと、『洗馬宿』に入ります。
高札場跡(12:07)には、洗馬宿の石碑と中山道の碑がありました。
131116-k9.jpeg
脇本陣跡(12:14)~旧本陣百瀬家(12:16)を眺めながら、
本日の終点・洗馬駅に到着(12:20)。
「おなか減ったよ~」 131116-k10.jpeg

131116-k12.jpeg
無人駅だし、時刻表を見たら1時間も電車が来ないので、
待合室でお弁当タイムに~。131116-k11.jpeg
コタ弁はミニおかかおにぎり・サツマイモ・キャベツ・キュウリ。
急に出掛けると言われたので、用意が無かったんです。。。たらーっ(汗)
でも、喜んで食べてくれたようで良かった~かわいい

少しお昼寝でも・・・と思ったら、長い車両編成の通過列車が
ゴウゴウ通り、コタが怖がってしまい、仕方なく撤収。
来た道を引き返すことにしたそうです(13:07)。

131116-k14.jpeg
お昼寝が足りなくて、だいぶ疲れているだろうに、
コタは笑顔るんるんで歩ききったそうですよ。

木曽路の碑の近くの駐車場に戻ったのは15:01。
Walk meterによると、往復約15.5㎞の長旅でした。


お疲れさま~。続きを読む
posted by コタかぁちゃん at 23:46| Comment(2) | 街道をゆく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

中山道~木曽路⑰ final

15:00のバスで、単独妻籠宿第三駐車場に戻ったとうちゃんが、
馬籠宿に帰って来たのは15:45頃でした。

再出発の前に、ソフトクリームを食べました。
もちろんコタも、三舐めくらいしましたよ𕾷

そうこうしているうちにも、秋の陽はつるべ落とし・・・。
早く行かないと、帰りは街灯も無い真っ暗な道を歩くことになって
しまいかねないので、食べながら歩き始めました(15:51)。
131102-k46.jpeg

この旅の最終地点【是より北 木曽路】の碑のある新茶屋までは、
ダラダラと下り坂が続きますバッド(下向き矢印)

131102-k47.jpeg★小川の真上に色付いた柿の実。
こういうのは、昔から変わらないのかも・・・(15:58)。

庭先のワンコに吠えられたりしながら歩いて行くと、
馬籠城跡の案内板がありました(16:02)。
131102-k48.jpeg
何も残っていないのですが、砦のような小さい城だったらしいです。

131102-k49.jpeg
細くくねった道が続きます。
ところどころでここにお住まいの方々に出会ったので、
「こんにちはかわいいとごあいさつしながら歩きました。

谷間に畑や田んぼが広がっています。
131102-k50.jpeg
きっと野生生物が田畑を荒らすのでしょう。
道路との境には、高圧電流雷を流した柵が張り巡らされていました。

急ぎながらもいろいろ見て歩いていると、民家のガレージの奥に、
馬籠宿の謂われの書かれた看板と、馬と籠が飾られていました。
131102-k51.jpeg
ガレージに車が停められていたら、見えなかったわ~。
運が良かったです手(チョキ)

更に下って行くと、大きな森に囲まれた諏訪神社があり、
もっと下ると、信州サンセットポイント100選(今は岐阜県だけど)
に選ばれた広い公園がありました。
131102-k52.jpeg
今まさに、サンセット!!(16:23)

とうちゃんはたくさん写真を撮って来ましたよ。
131102-k53.jpeg
コタ木曽路を歩き通して来たとうちゃんが、この風景を目にして、
「やっぱり『木曽路はすべて山の中』って本当だなぁ。
 この風景は、もう濃尾平野に繋がって見えるもんなぁ」

感慨深げに、何度も何度もつぶやいていました。

131102-k54.jpeg
あとは、この集落の中に目是す碑があります。

131102-k55.jpeg★ゴール目前exclamationコタも緊張exclamation×2


131102-k56.jpeg
とうとう、なのか・・・ようやく、なのか・・・、
無事、【是より北 木曽路】の碑に到着です(16:30)。


塩尻市の【是より南 木曽路】の碑を出発してから約2年
2人とも、良く頑張りました~ハートたち(複数ハート)
おめでとう𕾳


131102-k57.jpeg★昔の国境の碑で(16:32)。

本当はもっともっと、感慨に耽っていたそうなとうちゃんでしたが、
なんにせよ日暮れが近付いています・・・𕾵
尻を叩いて馬籠宿に戻りますよ~(16:37)。

途中で疲れちゃったコタは、抱っこ。
仕方ないよね~。ここまで良く頑張って歩いていたもんね。

それでも暗くなった中、馬籠宿の灯りが見える辺りからは、
コタも再び歩き始めました。
131102-k58.jpeg

駐車場に着いたのは17:14。
辺りはすっかり暗くなっていました夜

今日歩いた距離 13.82㎞(Walk meter)。
ちなみに、同じ区間かぁちゃんのWalk meterでは15.36㎞。。。
左右にチョロチョロ歩いていたコタは、もっと距離があるかも~。


帰りの車では、コタも私も爆睡。。。眠い(睡眠)
とうちゃんも、ずっと運転お疲れさまでした。



できればいつか、片道しか歩いていない鳥居峠と、
今回の妻籠宿~馬籠宿間も踏破して、木曽路完全往復
偉業も成し遂げてもらいたいと思うかぁちゃんです手(グー)

とにかく、お疲れさま。
これからも元気で、歩き続けてね~𕾨
posted by コタかぁちゃん at 23:45| Comment(2) | 街道をゆく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中山道~木曽路⑰ 馬籠宿へ編

131102-k32.jpeg
お弁当を食べて、一息ついたら出発です(13:49)。

しばらくはダラダラ下り坂。
ノンビリ歩きだしたら、すぐに呼び止められました。

街道沿いのお家の庭先で、蒸かしたてのサツマイモと干しいもを、
おばあちゃんが売っていましたよ(13:51)。
131102-k33.jpeg

前にワンコを飼っていたというおばあちゃん
「犬はおいもが好きなんだよねぇ」と、慣れた手つきでコタに、
蒸かしたおいもを小さく切ってくれました黒ハート

さっそく食後のデザート!?
コタは大好物なので、嬉しそうにいただきましたよ~。

気に入ったようなので、干しいもを1袋(100円)を買いました。
時々それを食べながら、ラストスパート𕾘です。

131102-k34.jpeg★道祖神にお参り!?
木曽路制覇まで、残り僅かですが、安全祈願𕾨だね。

131102-k35.jpeg
道はなだらかに下りです。
棚田や水車小屋を見ながら、どんどん下って行きます。

131102-k36.jpeg
庭先には柿の実がなっていたり、こんなススキの光る道があったり。
紅葉にはちょっと早かったけれど、充分秋の風景満喫るんるんです。

さて、最後の上り坂に取り掛かりますよ!(14:10)
131102-k37.jpeg
これを登り切れば、もう馬籠宿はすぐです。

131102-k38.jpeg
ほらほら、コタも見覚えのある場所が見えて来ましたよ~(14:17)。

前にフライングして来た時は、土砂降りになってしまった、
上陣場の広場に到着(14:19)。131102-k39.jpeg
今日も恵那山は雲の中で、残念だね・・・。

131102-k40.jpeg
馬籠宿の入口からは、多くの観光客でごった返し。。。(14:21)

131102-k41.jpeg131102-k42.jpeg
ここまでずっと歩いていたコタですが、人混みは危険なので、
ところどころ抱っこして、馬籠宿を散策しました。
季節の和菓子、栗きんとんをget~𕾴

131102-k43.jpeg
木曽路を通して言えることですが、街道筋のお家はどこも、
とてもきれいに家を飾っていますかわいい
花や植木やちょっとした置物など、旅人がホッコリしたり、
季節を感じたりできるように、考えられているなぁと感心しました。

131102-k44.jpeg
馬籠宿には、ワンコ連れの観光客がたくさんいましたよ。
コタ妻籠宿から歩いて来た」と言うと、ビックリされたり
褒めていただいたりわーい(嬉しい顔)

馬籠宿の坂の下に到着したのは14:38。
131102-k45.jpeg


実は、ここから15:00発のバスバスで、とうちゃんだけが妻籠宿
駐車場に戻り、車で馬籠宿まで戻って来る計画なんです。

バス乗り場近くのベンチで、コタはお昼寝しながら
しばらく休憩。
その間も、通りかかる人たちに「おとなしいね~」
「かわいいね~」
と声を掛けられたり、撫でてもらったり。

退屈せずに、とうちゃんが戻って来るのを待っていました。


さぁ、いよいよゴールの【是より北 木曽路】の碑を目指します。
次回、『中山道~木曽路』編finalです。

またまた続く~♪♪♪
posted by コタかぁちゃん at 23:30| Comment(0) | 街道をゆく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中山道~木曽路⑰ 男滝女滝⇒馬籠峠編

倉科祖霊社の辺りでも、聞こえてきていた水の音。
本来の中山道は林の中を進むのですが、ガイドブック本でも
お勧めされている、古中山道を通って男滝・女滝見物。

131102-k16.jpeg
滝見橋から、とうちゃんが撮ってくれましたカメラ
コタが大きな岩の上にいますよ~(12:03)。

トクベツ大きな滝ではありませんが、近くで見ると迫力あります。
131102-k17.jpeg131102-k18.jpeg
森林浴の上に、マイナスイオンもたっぷり浴びて、
ますます元気になっちゃうね~ぴかぴか(新しい)

真夏の旅人などは、ここで涼んだことでしょうね。

滝見物をした後は、急な坂を上がって一度車道へ(12:17)。
再び中山道と合流して、車道から木の橋を渡って林の中へ(12:24)。
しばらく歩くと、石畳が現れました(12:30)。
131102-k19.jpeg

一石栃(いちこくとち)口から坂道を登って行くと、
白木改番所(しらきあらためばんしょ)跡に出ました(12:42)。
131102-k20.jpeg
【木曽五木】などの伐採禁止木を取り締まる番所だそうです。

周りには大きな枝垂れ桜の木が何本もあったので、
春はさぞやキレイだろうなぁ~𕾦

門をくぐったところに、立場茶屋跡があり、
今は無料休憩所になっています(12:45)。
131102-k21.jpeg

私たちも、外のベンチでちょっと休憩です。
131102-k22.jpeg
コタも、オヤツを食べたり給水したり。

建物の中には、古い農作業道具や生活道具などがありましたよ。
外国人の観光客の方も、中でお茶を飲んでいました。

ボチボチお腹が空いてきたのですが、もうちょっと頑張ろうexclamation
10分くらい休んで、出発します(12:53)。

131102-k23.jpeg
馬籠峠に向かって、どんどん坂道はキツクなりますが、
林の中なので、意外と涼しいです。
コタもジグザグ匂いを嗅ぎながら、良く歩いています𕾘

石畳を登り切ると、いよいよ馬籠峠(801m)です(13:09)exclamation×2
131102-k24.jpeg峠の茶屋から、いい匂いが~。

131102-k25.jpeg
昔からある馬籠峠の碑の前でカメラ(13:11)。
ハァ~、やれやれ。。。

妻籠宿の駐車場のおじさんが、「こっちからのがキツイよ」
言っていたのは、標高差が大きい(妻籠宿430m・馬籠宿620m)のと、
距離が長いのと―――って言うことだったんだって実感・・・。
本当に、コタも良く頑張ったと思います𕾳

とうちゃんの目論見では、ここでお弁当レストランだったのですが、
座れる場所がなかったので、先へ進みます~たらーっ(汗)

131102-k26.jpeg
下り始めてすぐ、県境を越えました(13:12)。
数年前まで長野県山口村だった馬籠宿も、今は岐阜県中津川市。
長野県民としては、少々複雑!?

少し車道を歩いてから、旧中山道の細い下り坂の道へ(13:14)。
すぐに小さな峠の集落に出ました(13:16)。
この道沿いのお家にも、ワンコがたくさんいましたよ。
131102-k27.jpeg
コタは無視したり、吠えられて逃げたり、寄って行ったり。
どの子も柴犬か、和犬のmixのようでした犬
この町並みにはピッタリですね~。

お腹がグーグー鳴り出した頃、こんもりと真赤なモミジの山が
目に入りました。
131102-k28.jpeg
その眺めの良いところに、大きな東屋のある休憩所を発見。
ここでお弁当タイムレストランになりました~。続きを読む
posted by コタかぁちゃん at 23:15| Comment(0) | 街道をゆく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中山道~木曽路⑰ 大妻籠⇒下り谷編

ようやく、とうちゃんかぁちゃんの休みが合う連休がやって来ましたexclamation×2
行楽シーズン真っ盛り~𕾧なのに、お天気が安定しているのは
今日だけらしい信州。。。

とうちゃんが行きたいトコロ・やりたいコトはただ一つ!
木曽路の制覇です。
約2年掛かりの、コタにとっては大偉業ひらめき
とうちゃんのいろんな思いもあるので、4部構成の木曽路final
長くなってしまいますが、どうぞお付き合いくださいませハートたち(複数ハート)



早起きをしてお弁当を作り、コタの散歩などなど準備を整えて、
8時前に出発車(RV)ダッシュ(走り出すさま)
途中のR19で、30km/hの超遅いトラックのせいで渋滞したりして、
遠くなってしまった前回の終点・妻籠宿の第三駐車場に着いたのは
もうすぐ11時になる頃でしたあせあせ(飛び散る汗)

131102-k1.jpeg
駐車場のおじさんおばさんに励まされ、コタも気合十分!
出発です(10:57)。

131102-k2.jpeg
歩き始めは、なだらかな登り。
この先、大妻籠下り谷を経て馬籠峠へと、上りが続きますよ~。

橋場という集落を抜け、川を渡り(ここが木曽路と飯田の追分)、
いよいよ古い道へ入るのですが、道端のお家の柴ワンコ
「ワンワン」と元気よくごあいさつされました(11:07)。
131102-k3.jpeg

131102-k4.jpeg「ガンバって行って来るよ~𕾔」

石畳あり、枯葉の積もった道あり、林あり、竹林あり、
と歩いていても飽きない景色。
131102-k5.jpeg131102-k6.jpeg

さすがに今までの街道歩きと違い、何人もの街道ウォーカーの
方々
とすれ違います。
小さなお子さんもいれば、おじいちゃんおばあちゃん、
外国人の方にもたくさん会いました。
みなさんから声を掛けられたり、なでてもらったりして、
コタはその度ごとに、元気になりますグッド(上向き矢印)

131102-k7.jpeg
レトロな狸の置物があるお茶屋さん(ガラス戸にコタが写ってます)。
看板は英語で書かれていて、ちょっとおしゃれかわいい

その先すぐが、大妻籠です(11:21)。
131102-k8.jpeg

水車小屋や、卯達のある旅籠のある街並み。
131102-k9.jpeg
古い旅籠丸屋の縁側には、131102-k10.jpeg
イル君にそっくりな、木で出来たダックスちゃんが並んでました。
コタイル君がいっぱいいるよ~」って言ったら、
辺りを目キョロキョロ。プフフ・・・𕾻

大妻籠を過ぎると、一度坂を下ります。
川を渡り、ちょっとだけ車道を歩いて、
今度は石畳の急な坂を登ります(11:35)。
131102-k11.jpeg

森の中の九十九折りの道。
ところどころに熊除けの鐘があるので、カーンと鳴らして通ります。
131102-k12.jpeg
こんな坂も、コタはまだ余裕で登りますよ~。
昔の人は、草鞋でこの道を登り降りしたのかと思うと、
本当に大変だったんだなぁ・・・と感じます。

だいぶ登って、視界が開けたところにベンチがありました。
ちょっと休憩です(11:41)。
131102-k13.jpeg
下にみえる集落が、大妻籠
もうこんなに登って来たんですね~。

さぁさぁ、体が冷えないうちに出発です。
森林浴しながらの街道歩き、小さな木の橋を渡り(11:50)、
少し行くと、下り谷集落(11:52)。

また少し登って行くと、倉科祖霊社がありました(11:56)。
131102-k14.jpeg
ここは松本城主・小笠原貞慶重臣・倉科七郎左衛門朝軌が、
この辺りで地元土豪に襲われ、従者30人余りとともに全滅させられ、
その霊を祀っている神社だそうです。

こんな遠い場所にも、松本城ゆかりの人物の史跡があるとは。。。
ホントに昔の人ってすごいです。

とうちゃんは、街道沿いの紅葉𕾧も楽しみにしていたのですが、
131102-k15.jpeg★この辺りでは生憎この程度。

まだこの先、馬籠峠(801m)も控えていますが、どうでしょうか𕾮


続きます♪
posted by コタかぁちゃん at 23:00| Comment(0) | 街道をゆく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

中山道~木曽路⑯ 後編

・・・さて続きです♪

偶然見つけた、ペットOKのcafeみのせやさん。
入口にあるベンチのみが、ペットOKだと思ったら、
ご主人「どうぞ上がってください」と、コタの足拭き用に、
ウェットテイッシュを持って来てくれました。
ありがたや~かわいい

窓際に畳の席、真ん中に板の間の席、奥に椅子席が、
それぞれひとテーブルずつの、こじんまりしたコーヒー専門店喫茶店
私たちは真ん中の板の間に座りました。

130519-k14.jpeg
この鯉のぼり、80年も前の物だそうですよ。
コタはお水をいただいて、すっかりリラックスハートたち(複数ハート)

美味しいコーヒーを飲みながら、ご主人とお話。
元々はお姉様がおみやげ屋さんをしていたのだそうですが、
ご病気で続けられなくなり、管理のために東京から通っていたのを、
幼なじみさんの助言で、コーヒーのお店をのんびりと
やってみることにしたのだそうです。

カップもお客さんに合わせて選ぶのだとか。
とうちゃんはガッシリした器、私のはきれいな有田焼でしたぴかぴか(新しい)
ハァ、まったり~かわいい 130519-k15.jpeg

コタは話を聞きながら、ウトウト眠い(睡眠)

するとそこへ、ご主人のお知り合いなのかな?
元気な3兄弟のご家族が到着しました。
男の子たちは、ワンコが大好きなんだそうですよ。
コタはいっぱい撫でてもらいました。

帰る時もみんなで表まで見送ってくれて、感激です(11:49)。
130519-k16.jpeg
ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)𕾔𕾲


さぁ、妻籠宿も、もう少し!
大きな藁うまや、さりげなく飾られた花などを眺めつつ、
今日の終点・妻籠第3駐車場駐車場に着きました(12:04)。
130519-k17.jpeg
この先は、大妻籠~馬篭峠~馬篭宿ですね。
いよいよクライマックスです。

次回の偵察も済み、また妻籠宿を戻ります(12:06)。

この時間帯になったら、急に外国人観光客が増えたみたい。
いろんな言葉が聞こえて来ました。
コタは誰でも「カワイイ」と言ってくれればゴキゲンです揺れるハート

とうちゃんがソフトクリームを食べたいと言ったので、
湯屋さんで栗きんとんソフト(ミニ)を食べました(12:15)。
130519-k18.jpeg★もちろんコタも♪

みのせやさんの前を通ったら、外国の方で賑わっていましたよ。
さっきは運良く空いていて、良かったです。

130519-k19.jpeg
観光協会に寄って、パンフや地図をもらって来ました(12:30)。
先にもらえばよかったのにねぇ。。。

この辺りから、眠くなっちゃったコタが、動かなくなります。
130519-k20.jpeg
脇本陣前で、とうちゃんに抱っこ(12:33)。

時々歩いては、「抱っこ~」のくり返しあせあせ(飛び散る汗)
130519-k21.jpeg
お弁当もまだだし、とにかく眠いらしいですね。
こんな時は、オヤツで釣っても動きません。。。

なだめながらも、高札場辺りからは本格的に抱っこ・・・。
妻籠宿を出るまで、とうちゃんに抱っこされていたコタでした。


その後は、人も車も滅多に来ない道なので、ご機嫌をとりつつ。
来る時は長~い下り坂でしたが、今度は長~い上り坂。
ここは、コタにも頑張ってもらわないとね𕾴

おだてたり、おどしたり、あれやこれやで、妻籠城入口へ(12:51)。
コタ!お城でお弁当だぞ~」ととうちゃんに励まされ、
落ち葉の敷きつめられた道を、ゆっくり登って行きました。

堀切や土橋、帯郭などなど、とうちゃんには見どころ満載!?
とにかく主郭に出ましたよ~(13:00)。
130519-k22.jpeg

とうちゃんはいろいろ見て歩きたいようでしたが、
とにかくお腹もペコペコなので、先にお弁当レストランです。
130519-k24.jpeg「早く早く!!」
コタ弁はササミ・キャベツ・ミニトマト・味無しいり卵。
それと俵型のミニミニおにぎりですよ~。

もう、地面に落としてまで食べていました。
ゆっくり良く噛んで食べて欲しいのになぁ。。。

130519-k23.jpeg
主郭からは、妻籠宿が見降ろせます。
さっきまでは晴れ間もありましたが、何だか空の色が怪しげ。

雨女のかぁちゃんを、連れて来ていますからねぇ𕾻

とうちゃんも早々の撤収を決めました(13:35)。

ところが… 130519-k25.jpeg
またコタがブレーキです。
今度は下りたくないらしい・・・たらーっ(汗)

空模様を気にしつつも、コタのペースにお付き合い。
立ち止まりニオイ嗅ぎ嗅ぎ、満足すればスタスタ歩きます。

やっとかぶと観音まで戻って来ました(14:10)。
またここで少し休憩しようと思ったのですが、
ポツリと当たるモノがあったので、そのまま通過。

コタの調子が戻りつつありましたが、雨も確実に近付いています。
130519-k26.jpeg
『終わりよければ、すべて良し』の精神?
ラストは笑顔で足の速いコタ


やっと南木曽駅に到着です(14:28)。
130519-k27.jpeg

ここから天白公園の駐車場までは、とうちゃんのみで。
車のキーと傘だけ持って行きました。
それは正解で、とうちゃんが行ってすぐに本降り雨

コタを抱っこして雨宿りしていると、観光案内所のおじさん
出て来てくれて、「おとなしいね~。かわいいね~」
不安気なコタを撫でてくれました。


今日もたくさんの人に可愛がってもらい、
ちょっと甘えん坊になって抱っこしたりもありましたが、
とってもよく歩いたと思います。

帰りの車では、コタも私も爆睡・・・眠い(睡眠)眠い(睡眠)
とうちゃんもお疲れさまでした𕾨


Walkmeterの記録によると、歩いた距離は11.92㎞でした。
posted by コタかぁちゃん at 23:59| Comment(0) | 街道をゆく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中山道~木曽路⑯ 前編

天気予報は下り坂・・・な一方で、気温も低めで曇りがち
と言う気象ならば、街道ウォークにウッテツケexclamation&question

とうちゃんに引き摺られるように、私も連れて行かれました。

朝5時起床、コタの軽い散歩など済ませて、6時半頃出発車(RV)
休憩を何度かしつつ、今回の駐車予定地・天白公園には
8時半頃に到着です。

(8:40)桃介橋を渡り、まずは前回の終点・南木曽駅へ向かいます。
130519-k1.jpeg
桃介橋に並行して、木曽川にたくさんの鯉のぼりが泳いでいました。
木でできているとはいえ、吊橋なので、ちょっと怖いコタ
小走りに渡って行きました𕾹

南木曽駅から跨線橋を渡り(8:58)、街道名物のしだれ梅の木を
眺めつつ(9:04)、SL公園へ(9:09)。
130519-k2.jpeg
D51は、あちこちにありますね~。
コタは早く先へ行きたそうです𕾨

しばらく竹林の中の上り坂が続きます。
日陰なので、涼しいですよ~。
坂を登り切ると、神戸(ごうど)と言う集落です。
130519-k3.jpeg
どのお家の庭にもお花が咲いていて、とってもきれいかわいい
中でもツツジは見頃でした。

収縮リードで、コタもゴキゲンに歩いて行きますよ。
集落を抜けると、木曽義仲かぶと観音があります(9:27)。
130519-k4.jpeg★おみやげは無人販売です。

境内でしばし休憩。
水分の補給をしました。
130519-k5.jpeg
この大きな石の上に、木曽義仲がかぶとを置いたんだそうですよ。
江戸時代の参勤交代の折にも、大名たちは必ず足を止め、
お参りした観音様のなのだそうです。

私たちもお参りし、元気も出たので先へ進みます(9:38)。
ゆるゆると上ったり下りたりをくり返し、戦沢(せんさわ)を渡ると、
竹藪の中の、長い上りの石畳になりました(9:48)。
130519-k6.jpeg
コタはウキウキるんるんで登ります。
近くでウグイスの鳴き声も聞こえて来ます。
竹藪の中はヒンヤリして、快適ですわーい(嬉しい顔)

長い坂を登り切ると、渡島と言う集落。
130519-k7.jpeg
入口近くのこのお宅には、大きな馬の焼き物が・・・。
他のお家のお庭には、池があり鯉が泳いでいたり。

上久保の一里塚(9:55)は、江戸から78番め。
一対でしっかり残っている一里塚は珍しいそうです。
今度は下って行くと、良寛様の歌碑がありました(9:58)。

またしばらくは上ったり下りたり。
130519-k8.jpeg
ところどころに【中山道】の案内板や石碑があるので、
迷うことはありません。
130519-k9.jpeg
この先は妻籠宿へ向かう道と、妻籠城へ向かう道の分岐です。
お城は帰りにして、まずは妻籠宿を目指しました(10:21)。

林の中のコンクリートの長~い坂を下って行くと、
急に視界が開けます。
橋を渡ったら、そこからが妻籠宿(10:29)。

これまで、人には会わずに来ましたが、宿場に入った途端に
たくさんの人たちとすれ違うようになりました。

中山道三名石のひとつ、鯉岩です。
130519-k10.jpeg
この大きな岩、昔は鯉の形をしていたそうなのですが、
明治の大地震で、形が変わってしまったんだそうですよ。

130519-k11.jpeg
コタはいろいろなところが気になるらしく、右へ左へ。
高札場や脇本陣、本陣跡などなど、外からですが眺めました。

そしていよいよ妻籠宿のド真ん中へ(10:52)。
130519-k12.jpeg
この旅籠(現在は休館中)、パンフなどではおなじみの場所ですね。

宿場に着いてからは日陰も少なく、少々喉が渇きました。
どこかで休憩を・・・と思ったら、目の前のお店は、
ペットOKと書かれています!!
130519-k13.jpeg
これはラッキーハートたち(複数ハート)と、さっそく入りました。


長くなるので、続きは後編で・・・♪
posted by コタかぁちゃん at 22:48| Comment(0) | 街道をゆく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

中山道~木曽路⑮

今朝は6時に起床、散歩して、朝ごはんを食べてから、
とうちゃんとコタは7時過ぎには、木曽路へ向かいました。
お弁当作るのも大慌てです。

前回の終点・十二兼駅に到着し、歩き始めは9:21。
130428-k1.jpeg
晴れお天気は上々、コタはとってもご機嫌でするんるん

しばらく竹林に囲まれた道を歩きます。
吹いて来る風が、とても気持ち良かったそうですよ。

130428-k2.jpeg
後ろ姿を見ても、ウキウキるんるんしているのが分かりますね~。

坂を下って行くと、右手に木曽川が見えて来ました。
この辺りは、上流の景勝地・寝覚の床と並んで、南寝覚と呼ばれて
いる景色の良いところだそうです。
130428-k3.jpeg

奥には、木曽川の支流・柿其川に沿って、柿其渓谷があります。
アミーちゃんママのお勧めの場所。
とうちゃんは、秋の紅葉の頃、改めて来るつもりみたいですよ。

それからR19に出ます(9:38)。
今回は、ここからしばらくR19沿いに歩きます。
歩道はありますが、連休中なので交通量が多く、
並行して線路も通っているので、とうちゃんは気を使ったみたい。

この木曽川に沿ったR19の道は、島崎藤村の夜明け前の冒頭
『木曽路はすべて山の中である。あるところは岨(そば)づたいに行く
 崖の道であり・・・』と書かれている場所。
130428-k4.jpeg
木曽路屈指の難所と言われた、【羅天の桟道】跡です。

130428-k5.jpeg★これは花桃?
今回の街道ウォークでも、いろんな花が楽しめたそうですよかわいい

延々とR19を歩いて、ようやく国道を離れます(10:13)。
130428-k6.jpeg
もう、この先は終点の馬篭宿【是より北木曽路】の碑まで、
R19は通りません。

坂を登りながら、山側の道に入って行くと、三留野宿です(10:29)。
この三留野宿、明治の大火でほとんどを焼失。
130428-k6.jpeg
本陣跡(10:33)には、枝垂れ梅の古木があるそうですが、
もう花は終わっていますが、季節に来たらきれいなんでしょうね。

緩く下っていた道が、130428-k7.jpeg
再び登りになると(10:48)、コタは楽しそうですね。

130428-k8.jpeg
ちゃんと、【中山道】の案内板を見て歩いているのかな?

幾筋も、木曽川の支流を渡って歩いているのですが、
ここは花桃の並木になっていますよ~𕾦
130428-k9.jpeg

長閑な道を歩いて行くと、遠くに桃介橋が見えました(11:07)。
130428-k10.jpeg
去年の秋、2度目の男旅の途中で、休憩に寄った場所ですよ。
次回は、あの橋を渡ったところにある天白公園から出発の予定。

130428-k11.jpeg
三留野宿の終わりの方に、園原家園原先生の碑があります。
江戸時代の神学者だそうです。
130428-k12.jpeg★(11:12)

さぁここまで来たら、今日の終点・南木曽駅はすぐですよ~。
130428-k13.jpeg
ほら、駅が見えて来ました。
跨線橋を渡り(11:19)、駅前に着いたのは11:26。
ちょっと周りを偵察して、すぐにUターンです。続きを読む
posted by コタかぁちゃん at 22:59| Comment(0) | 街道をゆく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

中山道~木曽路⑭

今朝は冷え込みましたが、お天気は上々晴れ
とうちゃんとコタは張り切って早起きをし、
お弁当を持って木曽路へ出掛けて行きました車(RV)(7:30)。

前回の終点・道の駅大桑に着いたのは9:30過ぎ。
本当に遠くなりましたね~。
130413-k1.jpeg
出発は9:37。

最初少しだけR19を歩きますが、その後ほとんど古い道。
歩きやすいかと思いきや、いろいろ障害があったようです𕾹

130413-k2.jpeg
いろんな花が咲いているので、とうちゃんは写真を撮りながら。
往きはいつも情報収集に余念がないコタも、ノロノロ歩き。

まず今回、何が障害か?というと、何度も踏切を渡らないと
ならないことだったそうです。
線路際の道を歩くことも多く、電車が通る度にビビるコタ
ローカル線なのに、こんな時に限って長ーい貨物が通ったり。


130413-k3.jpeg
でも、眺めは最高なんですよ~。
も咲き出していたし、遠くには中央アルプスもクッキリ。

2度線路を渡ると、間もなく野尻宿です(10:05)。
130413-k4.jpeg

野尻宿は外敵を防ぐため、ワザと街道を曲げてあったそうで、
七曲と呼ばれていたそうです(太陽にほえろじゃないですよ!)。
130413-k5.jpeg130413-k6.jpeg

犬にも猫にもたくさん出会ったみたいなのですが、
コタはどの子にもシラ~ッとして通り過ぎたようです。。。
130413-k8.jpeg
このビーグル君は、とっても友好的揺れるハートだったそうですよ。
仲良くすれば、旅の思い出にもなるのにね。

また何度か踏切を渡って歩いて行くと、読書ダムが見えてきました。
130413-k7.jpeg
帰りにここで、お弁当を食べたそうです(最後に書きますね)。

久しぶりのダムに、とうちゃんは写真撮影。
その間コタは、お水を飲んだり、休憩したり。

それから八人石(はちにんしゅ)・十二兼と言う集落を通ります。
長閑な長閑な街道だったのですが、最後の難関exclamation&question
R19とJRの線路の下を、水路に仮設してある歩道でくぐります。
・・・と、ガイドブック本には書かれているのですが、
本当にここ通って良いの?って思うようなところですよ~𕾵
130413-k9.jpeg
【中山道】の矢印があっても、ちょっと疑いますよね。

鉄の網板なので、130413-k10.jpeg
コタは抱っこで通過しました。
これは仕方ないよね・・・。

さぁ、難所も越えたら、もうすぐ十二兼駅です(11:54)。
130413-k11.jpeg
駅舎の脇で、ミツバツツジが満開でしたかわいい
今日の終点は、この十二兼駅になります。

次回のための駐車場探しをして、休憩し、12:06出発。
130413-k12.jpeg
線路際の𕾦が満開でした。

帰りは水路の道は回避しようと、回り道してR19に出たそうですが、
トラックの多さにコタがビビり、結局引き返して水路を抱っこで
くぐって帰って来たそうです。続きを読む
posted by コタかぁちゃん at 22:43| Comment(0) | 街道をゆく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする